September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 今週の予定 | トップページ | 落石連鎖と、生活の舌(した) »

2010年1月 5日 (火曜日)

紅花ルネサンス 山形→月 ( はんげのひとつ咲き)

■切り花でも夏に一時期流通する紅花(ベニバナ)。

 花栽培をはじめた27年前(1983年)。その3年後の1985年に、ベニバナを栽培したことがあります。

 この年は、ベニバナ(種子を購入し播種)、かすみ草(苗を購入)のほかに、グラジオラス(ツルーラブ、トパーズなど球根を購入)、ミヨシのカーネーション・マイコ(苗を購入)、スターチス・シュニアタ(種子から夏出し)、ゴデチャ(ミス長崎、種子から)、アスター(ミスニッポン・ヨーロッパ・メキシコ 種子から)、育成はリンドウ・ヤマユリ・ヒメサユリ(地域に自生しているものの栽培化、種子から)。そして葉たばこ(最終年)、炭焼き。

 そのとき、「べにばな、はんげのひとつ咲き」という言葉は知りませんでした。

 とてもすてきな言葉が紅花栽培の本場・山形県には残っています。大きな畑のベニバナの群のなかで、最初に1個だけ花が咲く、それが半夏生の日、、、、というものです。

 2010年の半夏生(はんげしょう)は7月2日です(年により変わります)。会津では下郷町大内地域にある高倉神社の祭礼・半夏祭がいつも行われます。

■山形県山形市の東北芸術工科大学で、2010年1月9日(土)と10日(日)に「紅花ルネサンスvol.2」が開催される。初日午後は紅花染めの体験ワークショップ。10日の午後はシンポジウム(吉岡幸雄+赤坂憲雄)と、ディスカッション(直売所関係者等 →山形市産地直売所たかせ  → 染司よしおか)。

 紅花の「半夏のひとつ咲き」は、「月」と深い関係?

 催事情報 → 紅花ルネサンス

 種→紅花は命(色)を繋ぐ糸。

 昨年紡がれた命の糸は

 今年新たな命を染め重ね

 より深き紅となる。

 今年も種から栽培した紅花が

 美しい紅黄色の花を咲かせた。

 七月上旬

 学生の手で収穫した紅花は

 初水で 黄・紅・桃の色を生む。

 ワークショップを機に

 今後の想像と創造を

 更に高めた制作へと結び付ける

 ※東北芸術工科大学美術科テキスタイルコースは種からはじまる(配布リーフレットより)

■紅花ルネサンスの構成を見ると、東北芸術工科大学で紅花・藍プロジェクトが二〇〇九年からはじまっていて、その報告と、二年次の方向性を探るもの。山形県内の紅花に関する人びとが集まる。山形県紅花生産協同組合連合会会長の大内理加県会議員、山岸幸一(染織家)、山形市高瀬地区の直売所たかせの石山信哉代表・遠藤みよ。中島洋一(古典織物研究家)。進行は大学の辻けい、山崎和樹。

■夏至から11日目の半夏生(はんげしょう)の時期に、紅花は一輪だけ咲く。はんげのひとつさき。→半夏のひとつ咲き

 → 高瀬地区

■10日は会津若松市内で十日市があります。

20100106dsc07673

Dsc01447

« 今週の予定 | トップページ | 落石連鎖と、生活の舌(した) »

会津学」カテゴリの記事