September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 耕作放棄地の再生 | トップページ | かんじき作る日々 »

2010年1月11日 (月曜日)

心地よい停滞

■2010年1月11日。

 新年になってから読んでいる本の着想点抄を紹介する。

■青柳正規『人類文明の黎明と暮れ方』(講談社、2009年11月刊、386ページ、2300円)

 本書はシリーズ新刊として発刊が続いていた「興亡の世界史」の全20巻の第19回目配本で、巻数は00巻にあたる。35ページから「植物型文明」と「心地よい停滞」というパラグラフがある。

 日本のバブルが崩壊した1990年代から、経済学者をはじめとする識者はみな一様に「日本は停滞期に入った」と指摘した。(略)「安定期」といえばいいのである。

 ところが、現代人は成長の呪縛からなかなか逃れられず、ことに経済の世界では、前年と同等値化されやすく、それゆえに人々に対して説得力をもつ。数字で示されると人はああそうかと納得するが、そこにじつは大きな落とし穴がある。数値化されないところに、重要なものが隠れているからである。(略)

 われわれはこれまで進歩、成長、拡大、イノベーションといった、いわば肉食動物型文明の原理をあたりまえのものとして受け入れてきた。しかし、その先に待っているのは、おそらく破滅である。このあたりで「気分」を変えるためにも、穏やかな植物型文明にシフトしてみてはどうだろうか。われわれが「心地よい停滞」を抵抗なく受け入れるようになったとき、新しい繁栄の形が見えてくるような気がする。(略)現在の仕組みが一定の成長拡大を前提としている。経済が縮小の傾向に入っても、質の向上と満足度の増大を、数値化できないときは言葉で、、、、多くの人々の合意を形成することが大切である。

 95ページ。ネアンデルタールの研究で有名な赤澤威氏から指摘されたことであるが、洞窟絵画に動物は登場するが植物が描かれていないのはなぜか、という課題である。(著者は国立西洋美術館館長・東大名誉教授である)

 350ページ。古代世界のさまざまな文明を概観したとき、この地球上に生まれた文明はすべて消えていることにまず気づく。いうまでもなく、文明は必ず滅びる。永久に発展を続ける文明は存在しない。(略)

 ほとんどの場合、文明衰亡の要因は繁栄を招いた要因のなかに見出すことができる。(略)その文明を繁栄させた要因によって衰亡をまねくパターンが多い。つまり文明の多くは、自滅の道をたどっているのである。

 360ページ。最近では植物遺伝子を、それも同じ種だけではなく異なる種で掛け合わせたり、さらには植物と動物の遺伝子のかけ合わせまで行われている。そうした行為が自然界の精緻な秩序のどこの鎖を断ち切っているのか、地球の生物にどのような影響をもたらすのか、まったく不明である。われわれは将来にきわめて深刻な危険因子を送り込んでいるといわなくてはならない。

 「最古」「最初」「最大」などの冠は、文明史においてはほとんど何の価値も有していないことがわかる。

20100108dsc07709

 

« 耕作放棄地の再生 | トップページ | かんじき作る日々 »

花と農業」カテゴリの記事