September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 冬の奥会津 | トップページ | ネットが人を縛る:ニオイが人をつなぐ »

2010年1月 4日 (月曜日)

農協直販事業

■ 『現代農業』2月号には、農協による農産物の直販事業が詳しく紹介されている。「静岡県のJAとぴあ浜松 販売事業 V字回復へのカギは業務加工野菜にあり」(187ページから192ページ)。市場流通だけには頼れない、として市場を通さずに、加工業者や流通業者、スーパー、ホテル、学校給食、病院などに直接販売する「直販事業」を2006年5千万円、07年1億6千万円、08年は2億5千万円、09年は4億2300万円を見込んでいる。

 本誌の巻頭の主張は、農産物価格が低迷し、全国に広がった14,000ヶ所になった農産物の直売所も飽和状態で「競争と淘汰の時代」が直売所も「安売り競争」に巻き込まれないための方法、デフレスパイラルについて言及している。そのなかでJA(農協)直販事業を紹介している。

■同誌巻頭の主張では、山形県鶴岡市の直売所「しゃきっと」に出荷する菅原幸一郎さんは、この直売所だけで1000万円売り上げる。市場出荷のころと比べて品種選び、タネの買い方まで違う、という(43ページ、58ページ)。

 花も直売所に出すようになって、品目や品種がガラリと変わった。季咲きのものばかり選んで年間15品目。冬も暖房は焚かない。決して新しい品種は追わず、つくりやすくてみばえのするものを中心に選んでいる。1株から本数が多くとれることも大事で、キンギョソウは8月定植してから翌年7月までわき芽から出た花を出荷し続ける。

20100103dsc07606

 

« 冬の奥会津 | トップページ | ネットが人を縛る:ニオイが人をつなぐ »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事