September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 農協直販事業 | トップページ | 新聞連載 »

2010年1月 4日 (月曜日)

ネットが人を縛る:ニオイが人をつなぐ

■ 1月3日の朝日新聞社説のとなり欄「2010年代どんな時代に コミュニケーションと社会」に藤原新也さんが「ネットが世界を縛る」、強まる相互監視 波風立てず「空気読み」(6段記事)。

 1999年「東芝クレーマー事件」が監視社会の端緒となる事件だった。製品の修理に関する使用者の苦情に対して東芝側のとった乱雑な応対がすべてネットに録音公開され、不買運動までに発展した。企業はあのネットの恐ろしさを痛感し、以降、企業と姿の見えない世間との相互監視がたいへん強くなった。

 ブログやツイッターに警戒している。究極の相互監視システムであるからだ。のどかなブログでさえ自分の行動や居場所や思考が不特定多数の人々の目にさらされる。(略)子どもや若年層が意外と参入していないのは、「学校裏サイト」などで彼らが死活問題ともいえる辛酸をなめているせいかもしれない。おじさん、おばさん世代がツイッターにはまっている光景はネット相互監視のダメージの経験のない世代の平和な光景にも見える。

 同紙の1面は連載「日本前へ 1」「企業 新たな自分探し 社会とより良い関係へ」 人件費をコストと考えない経営や、ローテク後端企業として岐阜県の未来工業、長野県の伊那食品工業、山形県寒河江市の佐藤繊維などを紹介している。

■ネットでローテク後端企業について調べてみると、岐阜の未来工業の山田明男さんが出て来る。 → 読売 2004年6月9日

■慶応大専任講師の神城淳司さんは、朝日1月3日、11面オピニオン欄で、

 生産者がいくら安全でおいしいものを栽培しても、消費者に伝わらなければ付加価値とはならない。ITを用いた、「価値の可視化」が必要だ、と説く。

■朝日新聞全国版の新連載は「においの絆」で、1月1日号の社会面で、「探嗅(たんきゅう)」1・母と子 においの絆 会えなくてもあせぬ記憶。そして、「人間くさくなろう(発酵学者小泉武夫さん)」。主婦アンケートで、夫婦仲が悪いと相手の洗濯物をくさいと感じる、、、、「愛があれば気にならない」。筑波大准教授の綾部早穂さんは心理学の立場から嗅覚を調べているが「くさいから嫌いになるんじゃない。嫌いだから、その人のニオイまでもがいやになりくさく感じる」

 社団法人におい・かおり環境協会は専門家チームを結成し市民フォーラムなどの開催をする。調香師たちは「調香技術普及協会」を作る準備を進めている。

 嗅覚は感情を生み出したり過去を記憶したりする大脳の部分と直接つながっており、最も原始的で本能的と言われる。人は時ににおいを介して結びつく。逆に悪臭を排除し、においのために人を遠ざけることさえある。

 1月3日号「探嗅2」は、「目標はシャネルの5番 大統領の香り 演説会場でも投票所でも」調香師を紹介している。

 ※なぜ2010年は探嗅という連載記事を取り上げるのか?が課題。

■日本国の首都にある大田花き(卸市場)では、花、特にバラなどの香りの分類を2005年頃から先駆的に継続して進めている。花の香りが人々に与える印象、その香りの組み合わせ方などへも進化している。→大田花き

20100103dsc07610

« 農協直販事業 | トップページ | 新聞連載 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事