September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« マーケットの見方 | トップページ | エフスタイルの仕事 »

2010年1月16日 (土曜日)

限界期の入口

■1月15日の朝日新聞・文化欄

 作家の古井由吉さん。

 もしサブプライムローンということばがなくて「返済に不安がある人向けのローン」と言っていたら、あんなに極端なところまでは行かなかったのではないでしょうか。ことばによるコントロールが利かないから、経済の合理性を追求するあまりアナーキーに転じてしまったのです。

 歴史を背負ったことばにはブレーキの役目がある。

 今回の不況は、「循環する景気サイクルの不況」とは違う、限界期の入口。世界的な人口増による食糧不足など、経済が地球の資源の限界を超えつつあることが見えてきている。

■同欄左面に法政大特任教授ヨーゼフ・クライナーさんによる「沖縄とは何か」

 面積や人口では日本の百分の一ほどにしか当たらないが、文化、歴史、価値観などの体系から考えると日本の半分を占めているといえるだろう。現在沖縄が抱える多くの問題は日本全体の問題であり、「その他」の日本と分かち合ってほしいと願っている。

■1月15日、毎日新聞オピニオン欄。

 元沖縄県知事・大田昌秀さん。

 政府は、日米安保は国家の安全、アジア太平洋地域の平和を守るため不可欠と言い、円滑な維持こそが最大の国益だと強調してやまない。だが、本土の多くはその義務と負担とを分かち持とうとはしない。沖縄に対する明白な差別だ。日米安保は真に国民の生命・財産を守り、平和な社会を創出し得たであろうか。沖縄からすれば明らかに「否」である。

 沖縄の人々は、平和と安全を守るという日米安保の目的とは逆に平和が脅かされ、安全が損なわれている。また沖縄の基地がイラクやアフガン戦争への出撃基地に使われ、異国の無辜の民を殺戮している事態に胸を痛め、一日も早く加害者の立場から免れたいと願っている。と同時に、愛する郷土が有事に再び攻撃の的にされないよう安全策を模索するしかない。

« マーケットの見方 | トップページ | エフスタイルの仕事 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事