September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 2009年1月9日と、2010年1月9日 大岐 | トップページ | 球根の日 »

2010年1月10日 (日曜日)

龍馬伝

■広告業界は「龍馬伝」につながっている。スズキのアルトのテレビCMの美人書家は、龍馬伝のタイトルを書いた書家紫舟(四国出身)。 NHKでは書道ドラマ「とめはね」を開始。 → 仕事の計画

■広告業界は、たぶん、「インターネット検索の時代」にそってキャスティングをしている。流行は1年単位で消費するために、メディアと広告業界が「人為的に作る」ものなので、特にテレビドラマは有効だ。翌年に新しいもので展開が可能なので、流行の陳腐化を演出しやすい。花の場合は色を持つ花は、セカイの色のトレンド演出に合わせてその年の流行色に応じていけばよいので(花器やリボン、ラッピングを含む)、種苗会社は品種の投入と、流行の陳腐化を行うことで多くの新品種を投入することで利益が得られるが、その高い種苗費で生産では黒字化が難しくなっている。世間に注目されない花である白いかすみ草には流行は無いが、社会のトレンド色との染色連動をすれば世間に注目される。しかし「使い捨て文化」を象徴する流行に乗らずに、ベーシックアイテムとしての位置づけが、かすみ草にはふさわしいと考えている。個人育種家の場合は、世間の流行に「ネーミング」でシンクロさせることが可能だ。たとえばバラの「サムライ」など。来年のNHK大河ドラマは滋賀県がひとつの舞台になるから、バラの里・滋賀県岐阜県は注目される。越後の時代であった2009年は新潟県も福島県も観光政策では動いたが、農産物等の商品生産では後塵であった。唯一劇中で南会津町月田農園産のヒメサユリ(オトメユリ)が大量に使用されたぐらいだ。会津若松では直江屋敷跡には案内看板も当初なかったし、神指城の案内整備も行われなかった。

 龍馬伝がNHKの大河ドラマで展開されるにしたがって、それにまつわる様々なことが「ニュース」として放映される。それをもとに情報の川上を追って探していくのがファンの心理なので、検索でヒット率の高いことで異なる商品の露出度を謀る。

 いま父親が持つラジオを借りて聞く中学生が増えている。ラジオのチューニングの仕方もわからずに、友人からそれを教わり、放送局を特定し聞く。理由はジャニーズ等の出演者がテレビでは言えないことをラジオ(深夜)で言っており、それを通してそのタレントの人間性にふれられるからだ(産経新聞3面総合面。ラジオ女子牽引 聴取率上昇の兆し 中学生向け番組手応え お目当てはアイドルの本音トーク)。「語り」のほうが、「人間性」が人間に伝わる。正月のテレビ放映されたドキュメント、たとえば絢香の最後のコンサートのNHK放送などのカメラの追尾点は「眼」に焦点を当てている。テレビだとそこで「こころのうごき」を表現せざろうえない。一方ラジオは聴取者が語りそのものから総合的に判断する。話は変わるが、喫茶店のような場で対面して座らない男女が増えている。

  昨年7月に来日したスタン・ポーマーさんは花の宣伝はラジオで行うべきだ、と語っている。「グラスルーツ・マーケティング」というとても具体的な示唆をされた。広告費を節約し、広告効果を高めるにはラジオが良い、という。

  『美少女図鑑』は、その地域に暮らす女性をモデルとして、その地域で営業する美容室がスタイリングし、その地域の洋服販売店が着衣を提供する。そのデータを紙面に列記する。

 12月に沖縄市の日本でいちばん古い商業施設(GMS)に行ったとき、その施設の12月の宣伝紙の出演者は、そのお店の中華料理店の経営者がモデルで出演していた。

20100108dsc07724

120091213dsc06590

« 2009年1月9日と、2010年1月9日 大岐 | トップページ | 球根の日 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事