September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 方法論 | トップページ | ザ・ローカルとフェアトレード »

2010年2月10日 (水曜日)

伝統の発明とトレンド

■十数年前の日本のバブル経済直後の論考を読んでいる。

 1931年生まれの社会学専攻の塩原勉「変容する日本文化」(『岩波講座現代の社会学第23巻 日本文化の社会学』1996年)によれば、

 近代化が成熟期に入り、成熟することによって、逆に近代的原理からの離脱および反転が生じてくるに及んで、近代化の社会学は発想をきりかえざるを得なくなった。何よりもそれは歴史観の転換に鮮やかに示されている。

 第一に、歴史はリニアーな進展でも、また一定の諸段階の交代劇でもなくて、異質な複数の層が成層をなし重合しているという認識がでてきた。F・ブローデルのいうように、人間と環境のかかわりで体験される「ほとんど動かない歴史」、社会集団の歴史のように「ゆるやかに変わる歴史」、そして事件や個別の出来事のように「表層で波立つ歴史」、という三つの歴史の時間を人間は生きているとするならば、全体として、複数の諸層がどのように構造化され、どのような緊張を孕んでいるのか、を問うことは重要な意義をもつことになる。

 第二に、歴史が複数の構造をもつということは、異質なものや対立するものが同時存在し、相互作用し合っているということであって、ときにはアナーキーになる危険があるから、ある程度の秩序を保つために、それらを「同期化」する必要があり、ここに「伝統の発明」が意味をもってくるのである。

 一般には、伝統とは祖型の反復と考えられやすいが、「伝統の発明」という言葉を発明した社会史家エリック・ホブズボームによれば、英国王室の古来からの伝統的な儀礼とみられているものの多くは十九世紀に発明されたものであるという。

 つまり、同期化するには、まず、必要不可欠なもの、よんどころないものを選択し、それを既存のものと折り合わせるために「新たな伝統」と解釈図式を「発明」し、発明された伝統と解釈図式を制度化して、社会的に統合するわけである。

 <選択-発明-統合>は、必要に応じて、生活にとって基本的な祖型を革新的に再生するプロセスである。たとえば、わが国独自の意志決定制度といわれる稟議(りんぎ)制度は、共同体的意志決定と身分制と合理的組織化を同期化すべく、江戸時代の祖型を革新的に再生し発明したものであった。

 第三に、社会および文化の変動トレンドや、つねに非可逆的であるとは限らないことに留意する必要がある。あるトレンドにたいして対抗するようなトレンドが反流のように生ずることは、大きい転換期においては、むしろ常のことであるといってよい。たとえば、後に述べるように、世俗化のトレンドにたいして脱世俗化の対抗トレンドが、いま私たちの関心を引きつけている。

 

 

« 方法論 | トップページ | ザ・ローカルとフェアトレード »

会津学」カテゴリの記事