September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 動物の異変 | トップページ | こども聞き書き »

2010年2月16日 (火曜日)

2010年の販売

■2010年2月16日(火曜日)

■昨日、2月15日(月曜日)午前10時より90分間、出資者による販売会社の総会が開催された。

 1984年7月に独立した生産者組織として昭和花き研究会が奥会津昭和村大岐で7名で設立された。当初はグラジオラス、リンドウ、オミナエシ、アスター、コスモス、スターチスシニュアタ等の生産で、83年から試作されていたかすみ草が次第に生産品の中心となる。

 1996年2月に、販売会社である有限会社昭和花き研究会を会員出資で設立し、資本金400万円の有限会社が販売を担当する(構成員は生産者)。この当時の出資者24名が総会で販売会社の運営をしている。したがって入会が新しい会員は該当していない。

■2010年の販売方針は、この総会前までで会員の例会等で協議しており、最終的に昨日で決めた。

 2010年は花はさらに20%まで単価下落する予測であるので、それに対応できるコスト構造とすることになった。

 2009年からはじめて行っている7月大量出荷時期(季咲き)の3割減反は継続する。基準は2008年の7月出荷本数。このことで大量出荷を無くし採算割れ、かすみ草の価値低下を抑制する。

 6月咲き、8月から10月出荷分については、最終的に導入株数が2009年比で85%となった。生産者の加齢による設立来27年目で、はじめての新植かすみ草の減産である。以後、ゆるやかに減産されるので出荷先卸の減数と目的別販売で対応していく(セリ出荷は少なくなる)。そのための営業は12月から顧客卸・仲卸・加工・生花店を1軒ずつ訪問している。MPSとCFPの表示や産地束加工、地産地消の取り組みなども他産地が取り組まなくとも、世界のなかでも先駆的に攻めて、かすみ草を暮らしに根付かせるための人々との対話を進める。特にMPS参加生産者8名の栽培記録比較から、相当減農薬栽培が可能であることがわかっており、うどんこ病殺菌剤の使用は相当量に削減できる(2009年は、ほとんど使用せず)ことも、この総会で意見交換した。耕種的防除法とIPM、それを3月の定例会で一般化するよう進めていく。

■終了後、3月の定例会(日時未定)で協議する内容について打ち合わせした。今年は雪が多いので雪下でかすみ草の越冬株をネズミが食べてしまうので、その対策など。2009年12月に300頭近いノネズミをかすみ草圃場で捕獲した、当会会員の三島町川井の角田亀好さんに事例を聞いた。バケツを埋めた水没トラップで薬剤は一切使用しない。1日に30~50頭捕獲している。

■カネコ種苗(群馬県)のかすみ草担当の徳弘氏より電話があり、2月17日着で試作新種かすみ草苗が届く。同社はイスラエルのバイオロジカル社から早生かすみ・メレンゲというかすみ草品種を日本国内で販売している。またドイツのセレクタ社扱いのかすみ草の新種を昨年から国内各地で試作をしている。

■住化農業資材(大阪)、通称スミカ、のかすみ草育種担当の永島氏、西川晶部長はイスタンブール経由で、イスラエルのダンジガー社を訪問中である。

20100215dsc00911

20100204dsc09740

« 動物の異変 | トップページ | こども聞き書き »

かすみ草2010年」カテゴリの記事