September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 木地師支配制度の研究 | トップページ | 東京も雪へ »

2010年2月 1日 (月曜日)

やこぼし(家の解体)、改築(1981年)

■2010年2月1日(月曜日) 今日は、福島県郡山市で、本年のかすみ草販売に関する打ち合わせ会。開成生花林社長、あさかのフレッシュ社の五十嵐部長。航空輸送社の会社にも挨拶へ。夕方、会津若松市内で昭和花き研究会の決算監査を受ける。明日は東京ビッグサイト(ギフトショー)、夕方に名古屋市。エルフバケットの理事会(JELFA)、3日早朝より名古屋市内花卸市場視察等。先方の都合がよければその後、和歌山県へ。

■奥会津・大岐集落では、建物、つまり家の解体を「やこぼし」という。一般的に、家(や)をほぐす(解体)、あるいは屋根を解体することをいう。屋根材のカヤ(茅)、麻殻(あさがら)を屋根の高みで「スゲ(イナワラのウラを結わえたもの、ウラとは先端)」で草質の屋根材を束ねて地上に落とす。「こぼす」という意味が見える。

 大岐の我が家は、30年ほど前の、1981年(昭和五十六年)5月に、茅葺き屋根部分を解体し1階部分をそのまま残して、2階を増築しトタン葺き屋根にし1階部をアルミサッシ戸にしたものである。屋材は、数年前から、裏山の自家林で明治時代に祖先が植林し育てたスギの木を伐り、春の堅雪の上をソリで引きだし、柳津町芋小屋で製材してもらい、自家付近で、乾燥しておいた。

 村人の結(ゆい)による「やこぼし」が終わり、黒く煤けた解体材のなかに、この家を建てた時期を墨書した棟木が見つかった。それによれば1877年(明治十年)に建てた家であった。1981年の屋根部分の解体・増築は104年目に行ったことになる。

 この家はそもそも、大岐集落の北側2.5kmの下流に位置する柳津町琵琶首「下平木地」にあった民家を解体、運搬、移築したものである。1軒の木地挽きが他所に引っ越すので家を売却、その家を我が家の当時の当主が買い受け、解体し保管していたものである。

 「シタデエラのキジヒキの家を、誰かに世話しようとして買ったのだが、自分の家が古いから、それで建て替えよとまわりにすすめられ、自分の家として建てた」と祖母トシ(故人)は、語る。チョウナけずりの木材である。屋材は、春先の堅雪の時にそりに積み、人が先頭で引いて運搬する。

 この時の当主は、1834年(天保五年)六月七日に菅家菊太郎の長男として生まれた菅家菊重(きくじゅう)である。菊重は、集落上流の大田を江戸後期に開田し、明治十年に、家を建て直し、1909年(明治四十二年)十一月二十日午後六時に、七十五歳で亡くなっている。菊重の妻サワは喰丸村の渡辺仁右衛門の二女で、1855年(安政二年)七月九日に長女ユワノが誕生している。ユワノには男兄弟がいたが、当時は長子相続で、ユワノが家督を継ぐ。当時、農業をいとなみながら「字を教えていた菊重」のところに通っていた芋小屋の杉原市郎次の二男の竹次郎(1849年、嘉永二年生まれ)を、ユワノの夫として迎える。竹次郎は竹蔵と改名、妻ユワノは1878年(明治11年)に長女セツを生み四男・五女をもうける。跡継ぎとなる長男菊蔵は1882年(明治十五年)二月九日に生まれている。この菊蔵の妻トメは、大芦の星幸八の四女として1885年(明治十八年)五月十八日に生まれている。菊蔵二十一歳、トメ十八歳で1902年(明治三十六年)九月十日に結婚し、八男四女の十二名をもうけている。

 私の曾祖母トメ、祖父清次・祖母トシとはこの家で一緒に暮らしている。

 下平木地は、『新編会津風土記』が完成した1809年頃は5軒ですでに存在していた。それが1893年(明治二十六年)には2軒になっている(『木地師支配制度の研究』)。江戸時代の後期の百年の間に3軒が減り、その1軒が、大岐に現存する我が家である(1階部分)。下平はその後、最後の1軒が昭和30年代に無くなり、集落の歴史を閉じている。最後の1軒で生まれた人は、健在で、私の同級生の母である。

 かつて家や小屋は、ほぞ組で建てられていることから、それを引き抜き、解体し、古い材料を再使用することが日常であった。ライフサイクルから見ると、山に植えた百年を超えるスギの木を製材した材は、組まれ、炉で木材を燃焼した煙により使用され燻蒸され木材表面が黒色化し、そして解体され永続して使用されている。解体・再使用、つまり永続使用されることを前提として、木は刻まれ、家の骨組みとして、組まれていた。その成長に有した年月以上に木材は生きる。木の組みの上には十年単位に葺き替える、消耗材である草(茅、カヤ、ススキ類)を乾燥させたもの、畑の栽培植物の茎(麻殻)を使用している。屋根材の草であっても、傷んでいないものは選り分け再使用する。

 1800年頃にはすでに下平に建てられていた民家(木地小屋)。小屋といっても家構えはどこも立派で、太い木材を使用している。

 1876年、解体し、大岐に1877年に父の菊太郎と息子の菊重が移築。ユワノ・竹次郎(竹蔵)、菊蔵・トメ、清次・トシ。清一・ミヨ子と、七世代にわたり居住。

 1981年、屋根を外し、一階部をそのままとし2階を清一が増築。

 明らかなところで言えば、100年経った家を解体移築し、100年後にさらに2階部を増築し、現在200余年。

■写真の茅葺きの家は1980年頃。2階の改築前。左は土蔵。家の裏山が杉林。昨夜のNHKテレビ「龍馬伝」は、1853年(嘉永五年)のペリー来航を取り上げている。アメリカ合衆国建国(1776年)、その頃に、下平木地には家が五軒あった、という話をしている。大岐そのものは中世に一軒で拓かれ、農的暮らし(百姓として)江戸幕府がはじまる1600年代に七軒となり、その戸数で約三百年を維持し、戦後十五軒になっている。

 1553年(天文二十二年)、大岐の上流一里(4km)にある本村である小野川集落に、博士山大乗寺(曹洞宗)が創建される。もと地蔵堂、その後法華の徒住し、寛文年間(1660年代)、尾岐窪(会津美里町)竜門寺黙岑開山、本尊地蔵菩薩(『昭和村の歴史』)。

 1679年(延宝七年)8月3日の『会津藩家世実紀』には大岐・琵琶首・間方より熊皮を買ったという記事がみられる。→ 会津学五号

 我が家に現存する過去帳では、1684年(貞享元年)から我が家で亡くなった人の記録が記されている(権右エ門母が貞享元年五月十六日に死去)。1691年(元禄四年)四月十六日には権右エ門親(父)が亡くなっている。

 

   土佐に坂本龍馬が生まれる2年前に、大岐で私の六代前の菅家菊重が生まれている、と考えると時代背景がわかりやすい。菊重はさらに田を拓き、字を習い、教え、家を建て替えた。冬期間に会津の茅手(茅葺職人)の歩いた北関東・白河地方を同じ冬期間に歩き、漆器や薬を売り歩く(関東商い)、、、、雪が無い夏は青麻・麻とコメを作る、、、という暮らしであった。そのなかで会津戦争を経験している。

 幕末、現在の昭和村を含む奥会津も会津戦争に向かう時代である。野尻村(現在の昭和村)村内に駐屯する新政府軍を会津藩兵が襲う戦による戦禍は、1868年(明治元年)、わずか142年前のことである。会津若松城が白旗を揚げて降伏し開城した翌日、村内では、戦闘が行われている。大芦の29軒が焼かれ、木地小屋2軒も焼かれ、村民2名が死亡、けが人を多数だしている。

Scan10040 

20100131dsc00804 

20100131dsc00805 

20100131dsc00808 

20100131dsc00810 

« 木地師支配制度の研究 | トップページ | 東京も雪へ »

会津学」カテゴリの記事