September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 愛知県名古屋市中区松原 | トップページ | 自利他利 »

2010年2月 4日 (木曜日)

和歌山県みなべいなみ

■2010年2月4日(木曜日)

 和歌山県御坊市(泊)。

 2月3日の15時台にJR御坊駅着。予定より1本早い特急くろしお号に乗車できたので、JAみなべいなみの営農・大野さんに電話をする。駅では平さんが待っていてくださった。その自動車にて管内のかすみ草マリーベールのハウス(圃場)を視察。今年は日照があり、ベール系もアルタイル系も、八重率も高く、花びらの枚数も多く、良い品質で出荷が行われている。営農センターを訪問。

 平さんとは昨年11月のMPS参加者ネットワーク協議会(都内)で事例報告をお願いしたときにお会いした。その後、大分県杵築地区などのかすみ草栽培調査等に行かれている。

 夜、町内の食堂にて、昨年7月に昭和花き研究会が福島県郡山市内の量販店で行ったかすみ草フェアに販売支援に来てくれたカスミ部長の真田さんら7名が集まってくれた。環境負荷低減プログラムMPSに参加されていて、CFP(カーボンフットプリント)表示が可能になった場合の取り組みなどについて相談した。ちょうど1年前から準備してきたものが、2月3日に花き類(JFMA、MPS)の表示が認定されている(PDF46枚)。ライフサイクル・アセスメント、花きPCR二酸化炭素排出量算出式。世界のなかで、切り花のCFPは、最初の取り組みになりそうである。花の生産者によるMPSは、毎月の使用エネルギー総量、肥料等の総量がMPS本部に申告されており、それが購入帳票類・在庫等の現地審査を経て申告数量の妥当性が認められており、それらのCO2が計算されることになっている。日本国内のMPS参加社では、早ければ3月から大分県のメルヘンローズ、和歌山県のJAみなべいなみMPS研究会がCFP表示が可能になると思われる。昭和花き研究会も6月の出荷時には表示が可能になる。

 2月5日の朝、大田市場花き部の仲卸・ハナマーケット東京の店頭で、JAみなべいなみは、スターチスのピュア・ブルーの展示・販促活動をされる。4年目になる。その後首都圏の生花店を訪問する。昨年、相模原市のピクシイ・フラワーPixy Flower などでフラワーアート教室(花育)を開催。花瓶で咲かせたスターチスをドライフラワーにしてその花の部分(ブラシ)を使用して貼り絵(挿絵)を作成。JAみなべいなみは冬春間のスターチス・かすみ草の主産地で、特に仏花のイメージが強いスターチスについて、新しい装飾方法・使用方法について提案を行っている。

 また2月に関西地区の「いかりスーパー」にて和歌山花まつり、でかすみ草、スターチス類、スイートピー類のフェアを開催する。

 販売担当の為橋さん、中島龍一さんに、新しい染め色かすみ草の色調調合について話をうかがった。

 懇談後、午後10時、印南町から約20分ほどの御坊市のフォレストイン御坊(宿)に大野さんに送っていただいた。

  → JAみなべいなみ

■かすみ草の英語圏表示はベイビーズ・ブレス →JAあまくさ、かすみ草で第3世界支援

20100203dsc00815

20100203dsc00814

20100203dsc00816

20100203dsc00818

20100203dsc00819

20100203dsc00824

20100203dsc00821

20100203dsc00855

20100203dsc00847

20100203dsc00829_2

20100203dsc00860

« 愛知県名古屋市中区松原 | トップページ | 自利他利 »

花と農業」カテゴリの記事