September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« リンク表示 | トップページ | momoto  ひぬかん »

2010年2月16日 (火曜日)

道元という生き方

■オランダ国にはリテイルサポートをしているフレッシュ・リテイル社のファン・ドンゲン氏がいる。フローラホランドのリテイルプラザ等からオランダの花の販売戦略家である。オランダ産球根を活用した日本国内での切り花販売のチャネル開発を行っている。

■ドンゲン氏という名前を最初に聞いたとき、「道元禅師」を想起した。我が昭和村小野川の大乗寺は曹洞宗(本山は石川県の道元開基の永平寺)であるからだ。

■先日亡くなった立松和平氏は『道元禅師』を書いているが、それに先行した2003年に春秋社から『道元という生き方』を出している。様々な雑誌に書いた文章を集めた本で、冒頭が1999年に大陸中国の天童寺と天台山へ旅をしたときのことが書いてある。

 24歳の道元が博多の津から出航し、中国をめざし1222年4月に明州慶元府と呼ばれた寧波(にんぽー)に着いた。明全和尚と従者2名はすぐに上陸し明州の景福寺に行き、その後、太白山天童景徳禅寺に錫をとどめた。

 しかし道元は約3ヶ月間、寧波の船中にとめおかれる。

 その道をたどる立松氏は「花や鳥のように、人生をそのまま受け入れること。道元の道をたどるということは、自分自身のいくべき道を明らかにすることである」と書いている。

 そして「現代の私たちは学ぼうという姿勢が、たとえば道元にくらべて稀薄である。道元にとっては命をながらえるより、学道をすることのほうが何倍も重要であった。この学ぼうとする強い意志こそが、現代に生きる私たちが学ぶべきことではないだろうか」「身命を賭して正師を求めた」という。

■道元は港で3ヶ月船中に泊まっている。ある日、阿育王山広利寺から約20キロの道のりを歩いて、老典座、すなわち食事を司る役職の老僧が、しいたけを買いにくる。道元はうれしくなって一晩中でもいろいろ話をしたいというのだが、老典座は自分が帰ってどうしても食事を供養しなければならないのだという。

 道元とすれば食事係の職にどうしてそれほどこだわるのかわからない。老典座は語る。

 「あなたは古人の書いたものや高僧伝などを読むことが、学道とお思いのご様子ですな。修行とは何か、文字とは何かをご存知ないのですな」 

 さらにのちに、天童山で修行中の道元のもとに、かの老典座が職を辞して故郷へと帰る途中に寄る。

 

「万象、すなわち自然というものはすべて、そのまま目の前にあらわれていて何も隠れているものはない。つまり、目の前にあるものはすべて修行の対象なのであって、ことさらな修行や学道は意味がない。仏の教えは経典や書物の中にばかりあるものではない、日常の立ち居振る舞いのひとつひとつの中に現出する」という。

 難しい経典を読むわけではなく、人にしかつめらしい説法をするわけでもなくて、利他行をしながら、自利行もしている。他人の幸福を祈りながら、自分自身のためにも祈っている。

■朝日新聞2月14日版に、「立松和平さんを悼む 生真面目な顔 忘れられず」として作家の高井有一氏が追悼文を書いている。

 立松氏と三度、中国旅行を一緒にした。十人足らずの仲間が同行した暢気(のんき)な旅だったが、彼一人は暢気ではなかった。列車や飛行機で移動の際には、席に着くなりノートを取り出して詳しい日記を付け、夕食後にみんなで一杯やるときにも、これから記録の整理をするから、と言って滅多に加わらなかった。そして帰国して数日後に編集者に渡す約束の旅行記は、成田に帰着したときには、既にできあがっていたのである。

 

 

« リンク表示 | トップページ | momoto  ひぬかん »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事