September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 樹木よりキノコ | トップページ | 変わらないために変わる »

2010年2月 6日 (土曜日)

ソースとシンク:糖の転流と分配

■2月2日、日本農業新聞12面:総合営農面。

 宍戸良洋山形大学農学部客員教授が火曜日に連載している「サイエンス収量と光合成4 糖の転流と分配 生育段階により変化」

 光合成産物が植物の葉で作られても、果実や根や生長点などへうまく運ばれなければ、果実は肥大せず、樹体も成長しない。このように、光合成で作られた糖が葉から果実などへ流れていくことを、転流という。

 トマトやキュウリでは、果実と茎葉が競争しながら育つ。果実や茎葉が、競争の末に光合成産物を分け合うことを、分配という。その結果として、光合成産物が果実へどれくらい、根へどれくらい、さらに茎葉へどれぐらい届くか、といったことが決まる。

 光合成がいくら盛んになり、光合成産物が作られても、この転流と分配がバランス良く行われるような栽培をしないと、収量増加に結び付かない。いわゆる過繁茂のような、茎葉ばかりが茂って果実が大きくならない現象が起こってしまう。

 果実や根や茎葉など、光合成産物が行きつく先をシンクと呼び、光合成産物を作って送り出す葉をソースと呼ぶ。シンクの間で光合成産物を引っ張り合った結果、光合成産物の分配が起きる。

 シンク間には引っ張り合う力の強さに差がある。その強さによって、分配パターンも変わってくる。これをソースとシンクの関係という。ソースである葉1枚1枚は別々に、それぞれのシンクとの関係を持つとされる。例として、ある葉は果実と緊密な関係を持つなど、ソース・シンク関係は多彩なものとなっている。

 さらに、ソース・シンクの関係は、作物の生育が進むに従って変化をしていく。例えば、果実が開花してから日数がたつにつれ大きく変わっていく。果実肥大が盛んな時期には、多くの葉からたくさんの光合成産物が優先して果実に分配され、ほかのシンクへ向かう分配が減少することがある。

■言葉で見えない植物内のことを表現する、、、ということ。動きを言葉で伝えるスポーツは、、、

■2月5日、朝日新聞スポーツ面。フィギュアスケートの採点方法より。

 ルッツ:トー系で最も難しい。スケート靴の刃のつま先をつく3種類のトー系ジャンプで最も難しいとされる。後ろ向きに左足で踏み切って、右足のつま先を使う。踏み切りで使うエッジ(刃の角)が大事。ルッツは外側エッジだが、うまく使えていないという判断で減点されることがある。

 フリップ:内側のエッジで踏み切る。ルッツと同じ足の使い方だが、踏み切りで内側のエッジを使う。ルッツはジャンプ直前の滑走で描く軌跡と逆方向へ回転するように踏み切るが、それに比べフリップの方が力学的には簡単といえる。女子は前向きに助走して、直前に後ろ向きにターンして跳ぶことが多い。

■日経2月5日社会面「日本最古の人骨発見」

沖縄県教育庁などは4日、石垣島の洞穴で2007年から09年に見つかった人骨片を分析し、約2万~1万5千年前の旧石器時代の骨だったと発表した。新石垣空港の建設予定地内にある白保竿根田原洞穴遺跡。

■ガーデニングの新潮流。おそなえ庭木の栽培提案。自分で育てたサカキをご先祖に。↓

20100202dsc09564

« 樹木よりキノコ | トップページ | 変わらないために変わる »

花と農業」カテゴリの記事