September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 佐藤充先生異動へ | トップページ | 自然認識と簡素な表現の豊かさ »

2010年3月24日 (水曜日)

コサバ kosa-ba

■2010年3月23日(火曜日)雨の日、午後2時、南会津町山口、旧南郷村の月田農園(森のカラー、ヒメサユリ・オトメユリ生産)の自宅に禮次郎さんを訪ね、かねてから依頼していた茅葺き職人であったBさん(84歳)宅に案内していただき、午後2時38分から1時間、植物の利用について話をうかがいました。

 その後、月田さん宅にて午後10時まで、植物利用と植物採取の慣習など、お話を聞きました。夜、田島より湯田浩仁・江美夫妻が来家され、今年のカラーや花の仕事のビジョンについて話しました。

 禮次郎(れいじろう)さん宅から出て、冬道の路程で、軽自動車で家に帰宅したのは零時を過ぎていました。

■コサバ kosa-ba という茅刈り場所がある、ということを昨年10月に知った。福島県田島町の奥会津地方歴史民俗資料館編(石川純一郎調査)『ふるさとの茅葺き屋根』(2005年)の36ページ。事例5,南郷村山口・台の54戸の共有地での聞き取り調査の内容。

 それを語ったのは山口のBさん(84歳)であろうということで、今回、話をうかがいに行った。

 Bさんは「コサバあるいはコサとも言う」と語り、その林縁部利用の詳細について教えてくれた。

 月田禮次郎さん宅に戻った後、禮次郎さんは昭和14年の地図を出してきて、「故塞」(コサ、kosa)という表記の林縁部の草地帯があることを見せてくれた。

 個人所有地の畑・田、共有地の里山である雑木林(コナラ林であることが多い)。その境界の地を草地として「日なたは八間通り(はっけんどおり、14.4m)、日陰はその2、3倍の広さ(43m近くまで)」(Bさん述)の規模で確保し、樹林から圃場である畑・田への雨落ちや日陰になることを防ぐ。土地の所有は共有地で、地上権である草の利用は隣接する圃場(田・畑)の所有者が管理するものである。

 遷移帯、バッファー(緩衝帯)ともいえる境目、境界である。林(里山・樹林帯)の「へり(縁)」という「場」の意味の問題である。奥会津の旧・南郷村山口には「コサバ」という共通認識化された緩衝帯である草地があり、それが昭和14年(1939)に、図面化されていた。

■東北文化研究センター『季刊東北学21号』(2009年10月刊、柏書房)に、赤坂憲雄さんが177ページに書いている(「河童を見た話」)。

 そういえば、宮沢賢治には「畑のへり」という短い作品があったな、と思い出す。「麻が刈られましたので、畑のへりに一列に植えられていたとうもろこしは、たいへん立派に目立ってきました」という、それがはじめの1行であった。(略)

 賢治の作品世界にあっては、畑のへり・林のへりは物語がはじまる、かぎりなく特権的な場所だった。

 

■写真、南会津町山口、Bさん(84歳)の茅葺きの家。冬囲いに茅(ススキ)を使用している。

 昭和14年の故塞(こさ)の図面。青焼き図面(禮次郎さん所蔵を接写)。

  コサバの発見はとても大きい意味を持つ(といっても、地元地域の人々には共有化された認識であるが)。

20100323dsc02496

20100323dsc01140

20100323dsc01142

20100323dsc01139

« 佐藤充先生異動へ | トップページ | 自然認識と簡素な表現の豊かさ »

会津学」カテゴリの記事