September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 3月8日(月)16時 FCT | トップページ | 雪国花新聞、3月12日に創刊へ »

2010年3月 5日 (金曜日)

石川県 押水(おしみず)

■2月25日にはじめて訪ねた石川県押水郷。鎌倉・室町・戦国という日本の中世のたたずまいが残る農村を半日、花の栽培地を歩いた。帰宅後、資料を「日本の古本屋ウェブ」検索後、その本郷・泰雲堂書店から4650円で購入し、昨日届いたので、それをいま読んでいる。

『押水町史』(石川県押水町役場発行、昭和49年)本文は993ページ、本の厚さが50mmある。

阿弥陀仏信仰が時宗によりもたらされ、高野聖の活動があり、それが真言帰入(1609年まで)。押水の由来となっている弘法伝説は、時宗化した高野聖によって、中世の末期に阿弥陀仏信仰とともにもたらされたものであろう(158ページ)。時宗は他力念仏ではあるが熊野を守護神とする神勅念仏。

阿弥陀仏一仏以外の信仰礼拝を、雑行雑修として斥けた浄土真宗は、紺掻商人・油商人となって商品経済の成長とともに台頭してきた。

加賀においては長享の一揆(1488年)が成功し、いわゆる「百姓の持ちたる国」として、本願寺以外のどのような権力もよせつけなかったが、隣国越前の朝倉氏の前には永正三年(1506年)、加越能の一向一揆も敗退させられた。一方、長享の一揆後の加賀は、郡を代表する土豪や大坊主のグループが、本願寺から下間一族などの坊官を迎えて、統制権を握っていた(本願寺教団)。

■押水郷宝達集落の特産に、宝達葛粉(くず)がある(367ページ)。羽咋(はくい)郡誌によれば、宝達金鉱の廃絶して、鉱夫等その業を失いし際、葛根を掘りてその製造を創始」(533ページ)。

■本の通販サイトのアマゾンから購入した新刊本、名古屋大学の山本直人博士著『縄文時代の植物採集活動 野生根茎類食料化の民俗考古学的研究 増訂版』(渓水社、2008年、6500円)。

 クズ・ワラビの根の食料化の究明をしている。

 特に、クズの根からデンプンをとっている地域は日本国内に35ヶ所あり、そのうち14ヶ所について民俗調査を実施し、石川県羽咋郡押水町山崎の田村重治さん(大正9年生)・梅乃さん(昭和3年生)から堀取り・製造過程の聞き書きをしている。宝達集落の西隣の集落が山崎地区。現在は合併し宝達志水町内。

 そして宝達地区からは山本光幸さん、金田実さん(大正7年)にも話を聞いている。

■宝達山↓

20100225dsc01050

20100225dsc01021

20100225dsc01018

 

« 3月8日(月)16時 FCT | トップページ | 雪国花新聞、3月12日に創刊へ »

会津学」カテゴリの記事