September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« モノ | トップページ | いまの切り花B2BはB2C »

2010年3月23日 (火曜日)

聞き書き報告会会場余聞

■2010年3月23日(火曜日)

 3月21日、22日と未明から雪。大岐では新雪が30cm積もった。会津盆地もうっすら雪が積もったが陽が出て雪は溶けている。

 昨日午後、三島町の「山びこ」で、子ども聞き書き百選2の後半に会津美里町冑(かぶと)のFairy Land 片山紀彦さん、アコーディオン野道れいさん、喜多方市の唐橋郁さん(唐橋さんは、昨年6月柳津町の圓蔵寺福満虚空蔵尊で歌っている)が演奏・歌った。ギターの片山さんは独特なチューニングで、演奏後にそのことを聞いてみた。アイルランド、ケルトの民族音楽に適したオープンチューニングであること、そしてインドネシア製のアコースティックギターはとても乾いた音で良いこと、、、

 聞き書きの先達から、聞き書きが拓く未来として、鈴木克彦さんは、聞き書きした「トンボと肥(こえ)の物語」としてかつて紙が貴重品だったころ植物の葉や茎を利用しておしりをふいたことを紹介した。会場では笑いが絶えなかったが、進行役を務めた三島町大谷在住の五十嵐乃里枝さんは、次のようにコメントした。誰も想像できなかった優れた批評であった。

「皆さん、今日の話は役立つことがあります。それは地球上、他の国を旅したときに、このような地域はまだまだあります。こうしたおしりを拭く知恵を知っていれば、そのときに困ることがありません」

 彼女は大学生時代からたびたびインドを訪問していたことを思い出した。

■子ども聞き書き2は只見川流域にある27校の小学生、中学生、高校生の1279名のうち117名から、応募があり、その全作品を掲載し出版した。

 昨日の報告会の開会あいさつで、この電源流域の会長を務める三島町の斎藤茂樹町長は「いま、千葉佐倉の国立民俗博物館で、昭和時代の展示会があり、この只見川電源開発に関する展示があり、水没した集落などの模型も展示されている。戦後の首都・東京、日本の復興を下支えしたのは奥会津の雪、雪解け水をダムに貯めて水力発電により送電した電気によるものだ」と語った。

 来場された柳津町長の井関庄一さんが私の隣に座られたので、お話をしたのだが、西山地区の久保田は13年ほど前に三十三観音の祭りをきっっかけとしていま、棚田の保存活動に進展している。今後は、会津藩を支えた軽井沢銀山と久保田の間の山道(街道)を歩く会をしてみたい、、、と語られた。昨年、JR郡山駅の新幹線ホームでお会いして答礼して以来のことであった。

 南郷(現・南会津町)の月田禮次郎さんも来場されたので、23日午後(今日)にカヤ(ススキ)の民俗利用のための聞き書き調査で域内の古老・馬場さん宅に案内していただくことをお願いした。

« モノ | トップページ | いまの切り花B2BはB2C »

会津学」カテゴリの記事