September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 『農業と経済』2010年4月 臨時増刊号(昭和堂)。 | トップページ | 栃木県の世界企業 »

2010年3月 7日 (日曜日)

カヤ(ススキ、カリヤス等)

■カヤには「ボーガヤ(ススキ)」と「コガヤ(標準和名カリヤス)」がある。

山焼きっておべえねえが?(山焼き覚えていないか?)

ここ(大芦中組)から5kmくらい上流の、
畑小屋の川向かい、コヤムカイはコガヤんねえがな。(コヤムカイの萱場はコガヤだった)

でも二年くれいは行ったあぞ。
メエのケンガイ(隣の賢の家)の姉様だちと二年くらいは行ったぞ。
俺、十七か十八頃で戦争終わってすぐの頃。

村の近くは火事になっとしょうがねえがら、

遠く離れたところのカヤバ(萱場)を春に火を入れる。

このカヤバを焼くときは村の「カンゼニンソク」って言って、家に居る男を全部出てやる人足(村の共同作業)。カンゼっては、「数える」っていう意味だ。秋は、ヤマノクチがあって、アサゲ(朝)に、時刻を決めてみな集まって「カマゾロエ(鎌揃え)」ってやってから作業がはじまった。刈ったカヤは「ハチワデヒトタテ」(8束で1立)だと思ったな。

屋根葺きやっときなんのは、翌春、雪が堅まってからソリ(橇)にカヤを載せてひいてくる。

太いボウガヤは屋根葺き用と、カラムシ畑を囲うカキ(垣)にして風を除けた。それは来年カラムシを焼くときに使って、コガヤを焼いた畑に散らした(敷き詰めた)。コガヤは馬など家畜の餌にもした。

カヤカリ場は矢ノ原にもあったが違う地区の人たちが使った。

20100307dsc01423

« 『農業と経済』2010年4月 臨時増刊号(昭和堂)。 | トップページ | 栃木県の世界企業 »

会津学」カテゴリの記事