September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 聞き書き報告会会場余聞 | トップページ | MPSと大分メルヘンローズ »

2010年3月23日 (火曜日)

いまの切り花B2BはB2C

■B2Bは、本来B2Cとは異なる。しかし10本の花が売れない、あるいは色を組み合わせてほしい、、、仕入れる花の単位が小口化し、そのことが梱包材・輸送費のコスト(費用)を押し上げ、結果として廃棄物の増大化につながっている。本来、卸を利用する取引が、小売り側の仕入れ要求に従ってくると一般消費者に販売するような小口多品種化になってくる。それが花束の産地加工につながり、ひいては産直販売になっていくことを誘因している。

■過日の国営テレビ放送のクローズアップ現代で三浦展氏が出演して、私はこの人をここではじめて知った。語っていることが現在を言い当てていることと、雪国新潟出身であるので、アマゾン通販から八冊の本を購入し読んだ。私は、花のマーケティングに関わる当ウェブ(記憶の森を歩く)読者には、以下の本を推薦する。

■三浦展『シンプル族の反乱 モノを買わない消費者の登場』(KKベストセラーズ、2009年7月刊、743円)

 全216ページの新書版。冒頭に結論が出ている。巻末に共費社会と名づけている。他者により、これまでソーシャル消費という概念も提示されているが、これは社会一般の分析であり、三浦氏は、若者消費、つまりこれからの消費の主流になる分析からの提案であり説得性を持っている。昨日の、「こども聞き書き2」の報告会を通しても、伝統の在処を、こうも素直に聞き取れる小学生・中学生・高校生が登場していることには時代が変化していることを読み取れる。

1 すでに生活が豊かであり、物が豊富にあるので、急いで買う必要がない

2 所得が低下しているので、物を買いたくても買えない

3 将来に不安があるので、貯蓄に励み、物を買わない

4 所得が低いから結婚できず、子どもを産まず、家も買わないので、消費全体が減少する

5 インターネットが発達したので、情報だけで満足するようになり、物は買わなくなった(出かけなくなった。旅行に行かなくなった)

6 環境意識が強まったので、無駄な消費をしなくなった。物を買うことに罪悪感すら感じることが増えた。

7 社会意識が強まったので、消費よりも他にするべきことに目覚めた

 1は10年以上前からずっと指摘され、2から4はこの10年の社会変化に起因。5以下は社会的、心理的理由だが、この項目が特に重要。

 それが「物をあまり消費しない。ためない」「手仕事を重んじる」「基本的な生活を愛する」というシンプルな暮らしの魅力に気づいてしまったシンプル族は、たとえ今後景気が回復したとしても、もう浪費的な生活には戻らない。

 実際は、企業はこのシンプル族がじわじわと増えてきていることに気づいている。消費者を集めてどんな商品が欲しいかインタビューすれば、

 余計なデザインするな、

 余計な色を付けるな、

 余計な機能を付けるな、

 ゴテゴテさせるな、

 何もしなくていい、

 普通がいい、、、、

 という声ばかりが聞こえてくる。

■これらは、染め色かすみ草を昨年、福島県内の量販店5都市7店頭でのべ14日販売して来場者から言われたことと重なる。今年は「白の時代」。

 

 

 

« 聞き書き報告会会場余聞 | トップページ | MPSと大分メルヘンローズ »

かすみ草2010年」カテゴリの記事