September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 旅の目的 | トップページ | 大場秀章『江戸の本草学』 »

2010年3月 9日 (火曜日)

人足(にんそく)の多様性を知る

■昨日、奥会津:昭和村大芦集落で、「カンゼニンソク」(数え人足)という村人による共同作業のあり方を知った。村では共同作業で用水堰や神社、学校等の管理(冬囲い、草刈り)などを行う。その際、通常、家1軒あたり1人手間を出し、都合により出席できなかった場合には1年末に行う総会で「わり(割)」を精算し支払う。

 私たちが経験しているのは、通常1軒あたり1人出る人足(にんそく)だけである。しかし、昨日の聞き取りでは、1軒の成人男子すべてが参加する「カンゼニンソク」という形態が戦後(1945年)も行われていた、ということだ。聞いた話では、春の萱場(茅場、カヤバ)の山焼き(草焼き)で、萌芽を揃えるために行う草地管理で、隣接する森林帯への延焼を防ぐため人手が多く必要であったのだろうと推察された。

 このことで大切なことは、現在、地域で経験している内容で、話者の語りを判断していたことへの反省である。人足は1軒1人という現代の経験が暗黙にあるため、村人足と聞けば1軒1人という認識で判断し、その内実を聞かないで終わっていた、ということだ。

 「その人足は1軒(あるいは世帯)から何人出るのですか?」という質問が必要になる。

 植物採取などを制限している「ヤマノクチ(山の口)」や「カマゾロエ(鎌揃え)」には、1軒から出る人数制限があり、あるいは制限が無い場合があるから、その詳述を聴くことになっている。それと同じように村人足についても出役人数の制限(あるいは要請数)を聴く必要がある。

 村が管理する森林・草地など山野河海の共有地・入会地・コモンズの歴史的な利用形態と権利義務の発生の意味と、社会のあり方を規定するため、とても大切なことである。個人の家の普請や仕事を「ゆい(結)」で手間の貸し借りをする共同慣行と対をなす村の作業が人足(にんそく)である。村を維持するために構成員による無償の出役のあり方には地域による多様性がある。

 昨年秋に知った旧・木曽組(山都町)の堰の管理・普請のあり方(請負)も特徴的であった。

 → 本木上堰

 → 上堰

■人足(にんそく)、人夫(にんぷ)は、百姓や、部落(ぶらく)とともに、放送禁止用語(差別用語)にあたるとされるが、聞き取り作業のなかでは過去から現在まで集落を維持する会話に登場してくるので表記しているが、使用には留意する。

« 旅の目的 | トップページ | 大場秀章『江戸の本草学』 »

会津学」カテゴリの記事