September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 菊地成彦先生の仕事 | トップページ | 命は社会が守るしかない »

2010年3月 6日 (土曜日)

所有しない道具

■個人所有のPC、パーソナルコンピュータは、電話回線(あるいは無線通信)により、インターネット電脳網に接続し、そのなかのプログラムを利用してデータを利用する。手元にある端末本体には過去のような大きな有償なプログラムを必要としなくなっている。ネットブック、、、という語感は本質をよくあらわしている。

 しかし、引き出せるものの、手元ににはデータが残らない。バックアップを自らのPCのハードディスク装置に取っておくとしても、印刷して綴っておく人はほとんどいない。所有しないことは、自ら発した情報も所有しないことを意味する。誰かがみている、読んでいるというつながりがあれば所有する(記録する)意味が薄れるというのは、とても現代的なことだ。それは他人の脳に記憶する、という手法による伝達手段になり、「本」「紙媒体」を必要としていないことに近づいている。そして発信者名が匿名である、という点だ。駅の構内で、喫茶店で、酒場で聞こえたような話に似てきている。PCはコモデティ、、、日常性を持ってきたのであり、そのことで、必要性が無くなる時代に近づいていると思われる。石に文字を刻む記録の仕方が、シリコンウェハーに記憶する方法に変わったが、誰でも読めない方法である。

 これは、電話で会話する、あるいは対話することと同じような「記憶にだけ残る」ような記録の方法に似てきている。つまり、残っているようで千年は残らない方法が、いまはじまっている。新幹線の電光ニュースを読むような時代。より電話に近づいたと思えるのは、人々と会う機会が増えるのがインターネットの時代だ。なぜならその人を身近に感じていて、何かの機会に会いに行くようになるからだ。大人数ではなく、少人数の集会。

 その表現手段が、最終的なテキスト(文字による)のつぶやきになって、記録する価値のない手段としての道具になっている。ブラインドタッチでキーボードをたたく、、、、、キツツキのドラミングは、モールス信号としてテキストを伝える。

 鏡の自分に向かって語る時代がはじまった。

« 菊地成彦先生の仕事 | トップページ | 命は社会が守るしかない »

花と農業」カテゴリの記事