September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 地域性を失う合併 | トップページ | 国際会計基準の変更 »

2010年3月31日 (水曜日)

首都・東京の年度末

■3月31日(水)

 31日、4月1日と東京。

 JFMA(日本フローラルマーケティング協会)。小川孔輔会長に岩手県滝沢村の花きブランド化推進プロジェクトのフォーラムについて相談する。

 小川会長、今日は名古屋の合併新花市場開業式典に参加される。

 → 取材のしかた

 → 僕はセンセイ

■ 青山FM井上社長 → 朝採花直送バラ

 卸市場のセリにあわせて花を切りためる花の業界の常識は、常識ではない。流通路の整備を含め、販売店によるロジスティックの転換が提案されている。これまでの生産・輸送・卸の都合が、本来的機能を再生するためには、取り組めることがたくさんあることを示している。2日前販売、、、ヨタイ、云々ではなく、定期分は鮮度価値を前に出そう、ということで実現可能。

■コスト低減は無理。日本花き生産者大会余聞。岐阜大 福井博一先生 → 3月29日掲載記事

■産地全体を伝える → 紀州

■売上が伸びない時代の経営 → 花き産業振興方針資料(PDF98ページ)

 生産量一定量増加を規定値として計画としていることが、日本国内の生産地の誤りであり、事実に基づく計画に修正しなければ計画は意味を成さない。栽培本数や作付面積、生産者を増加せずとも、収益の増加は可能である。計画が右肩上がりでなければ営農計画が受理されない「補助金農政」の弊害を見直すことが第一に必要。そのための事実認識を示す国内花き産業の事実を示す資料集として表記の98ページの資料集は政府が収集し公表した最新データであり、これをベースにすべき。

■30日、栃木県日光市中央公民館で、来る5月29日の午後開催される「日光学・地域のきらり創出セミナー」主催者日光市教育委員会生涯学習課主幹社会教育主事の白石光人さんから「地元・地域を知る大切さを学ぶ」という内容での講演依頼があった。2008年より70~80名の受講生で継続されている。地域学。

20100330dsc02752

 

« 地域性を失う合併 | トップページ | 国際会計基準の変更 »

会津学」カテゴリの記事