September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 人足(にんそく)の多様性を知る | トップページ | 2006年2月24日、4月15日 »

2010年3月 9日 (火曜日)

大場秀章『江戸の本草学』

■昨日アマゾン通販から届いたので読んだ本。

 大場秀章(執筆時、東京大学総合研究博物館教授・植物分類学)『江戸の本草学』(1999年、東京大学出版会)。

 文政六年(1823)、1人の植物好きのドイツ人医師が日本にやってきた。シーボルトである。日本に関する情報は長崎からオランダの東インド会社を経由してヨーロッパに伝えられていた。日本から帰国したケンペルやツュンベルクの旅行記をシーボルトは読んでいる。日本に興味を抱き、来日し、追放された後に日本学とよばれるようになる日本研究を行う。

 文政十一年(1828)、シーボルトは長崎の出島に植栽していた生きた植物をオランダ船ハウプトマン号に積み込みヨーロッパに送り出す。このなかにバミューダリリーとして園芸界にセンセーションを巻きおこすテッポウユリがあった。この船に禁制の地図などが積み込まれる予定であったが台風によりそれが発覚したため乗船できなかったが、これらの荷は1829年にオランダのライデンに到着した。80種が枯れ、1844年までに生き残ったのは40種。

 日本の禁制品の地図などを持ち出そうとしたため永久追放の判決を受け、1829年10月22日、シーボルトはジャワ号で帰途へ。485種1200個体の生きた植物が積み込まれた。1830年7月8日にベルギーのアントワープに入港し植物も陸揚げされた。生き残ったのは球根を含め260個体。それらはボイテンゾルフの植物園で馴化されたあと、オランダに送られた。

 カノコユリ、ヤマユリ、ウバユリ、ノヒメユリ、スカシユリなどが当時のヨーロッパの人びとを驚嘆させた。たとえばカノコユリは「きらめく濃い赤色のいぼ状突起がある、ピンクがかった輝くばかりに白い」。

 カサブランカなど私たちが西洋のユリだと思っているユリの園芸種のほとんどは日本から移出したヤマユリ、カノコユリなどの交配によってヨーロッパでつくられた。

 ツバキ、バラ、ユリ、ツツジといった植物は園芸植物として国際的に利用されている。原種は比較的小さく、しかも一重の花をもつが、園芸化が進むとともに花が大型化して八重咲きになり、白い花であったものでは白以外の花色をもつものがつくりだされる。

 現在、ヨーロッパの人たちが日本の植物としてまっ先に名前をあげるのはユリである。ユリの園芸化にはヤマユリ、テッポウユリ、カノコユリなど日本の野生のユリが大きな役割をはたした。そしてこれらをヨーロッパに移出し紹介したのがシーボルトであった。ヨーロッパ庭園に日本の植物を、という彼の願いは、結果的に、日本の植物が国際化する道を切りひらいた。

 

 

 

 

« 人足(にんそく)の多様性を知る | トップページ | 2006年2月24日、4月15日 »

会津学」カテゴリの記事