September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 会津耶麻山地 木地師終焉記(野本寛一先生) | トップページ | 雨の日 »

2010年3月13日 (土曜日)

自然と折り合う

■『雪国花新聞3号』(予稿)対談(三月十一日)。

菅家 2010年の魚沼・すずきの百合がめざす仕事を教えてください。
鈴木 雪がまだありますが、最初に咲いてくるのは8年前に植えて5年間要請し3年前から切れて出荷できるようになった芍薬(シャクヤク)のことから話します。5月下旬から1週間ほどになる。ピンク色の芍薬「滝のよそおい」という品種と、「かぐや姫」。病気や虫の問題とかありなかなか株数を増やすのに時間がかかりました。
菅家 芍薬は暖かい地域から咲くから鈴木君の魚沼は埼玉園芸卸には最後の産地ですか?鈴木 そうなります。静岡、関東諸県、長野などの後のアンカーです。
菅家 鈴木君は芍薬の品質というのはどのように考えていますか?たとえば採花後の水揚げなどのポストハーベストの問題? 
鈴木 芍薬は葉は容易に水が上がりぱりっとしますが、きちんと水揚げして出荷しないと咲きが止まるのです。早朝涼しいときに花を切ります。
菅家 なぜ早朝に花を切りますか? 
鈴木 植物がまだ疲労していないことと、水分を抱えているから採花には適しています。採花して家にすぐ花を運んで、塩素殺菌された水道水、つまり通常のバクテリアの少ない水道水に抗菌剤を入れて2時間室内で水揚げします。
菅家 選別は? 
鈴木 芍薬は育ててみるとわかるのですが、八年目だと株から十数本、茎が伸びつぼみをつけます。株の中心から出た茎ほど力があり咲きにくいのです。しかし株の周囲から出ている茎、つまり花はつぼみもほぐれやすく咲きやすいのです。 
菅家 それでは選別はできませんね。
菅家 市場から花を仕入れた花屋さんが行うべき処理とはありますか? 
鈴木 茎と枝の葉を少し除去してもらいます。それはあとで図示して四月十六日に埼玉園芸市場での販促の時まで作成します。
菅家 特殊な葉取り方法ですね。はじめてききました。 
鈴木 こうすると花も咲きますし長持ちします
菅家 新潟県魚沼ですが、芍薬は民間育種された人も多くいますし、伝統ある産地ですね。鈴木君の住む集落に行く途中にも看板を掲げたお家があります。さて、昨年とこの冬、鈴木君が導いて地元の老篤農家を取材協力されましたね。
鈴木 『花時間』季刊化1号となる6月7日発売号に掲載予定です。

 → すずきの百合

菅家 鈴木君が暮らしている地域の人たちと会話するなかで、シャクヤクに関する概念をあらわした言葉はありませんか? たとえば「紅花半夏のひとつ咲き」
鈴木 あまり意識して聴いていなかったので、仕事の合間などに地元の古老が語っている話ですよね、、、、ああ、「シャクはふつかかみっかしか切らせてくれねえ」って言ってますね。「芍薬は2日、3日で咲いてしまうから、あとは切れない」から作れる量が多くできない。
菅家 咲く時期は積算気温で決まってくるから、暖かい春だと少し早く咲き、寒ければ遅れる。開花時期も寒ければ長く切れ、暑ければ集中して一気に咲いて終わり、ですね。でもそのことは「自然とともにある」ことを顧客である花屋さんや、一般の生活者に伝えることとしては優れていると思えます。
鈴木 決まった日に出してほしい、と言われます。
菅家 でも、ユキグニ(雪国)の露地での花の栽培、ビニルハウスを使っているわけではなく、直接太陽の光や雨を当て、風に揺らぎ育ってくるので、その不安定な開花時期こそ価値とすべきだと思います。市場・花屋さんにも自然に折り合う心を、自然まかせ、ではないわけでしょう。ここまで育成するのに八年もかかって、手で草を取り、株を守ってきている。花を切る切り前を、開花、つまり使い手の花屋さん、生活者のことを考えて、採花後管理、ポストハーベストもきちんと科学的に対応している。そのうえで、自然栽培を価値とする。
鈴木 折り合いですか、、、
菅家 哲学者の内山節さんの著作『清浄なる精神』をいま読んでいるのですが、日本人は荒ぶる自然、災害と、恵みたる自然の両方に折り合いを付けて生き抜いてきた、ということが書かれていました。僕らのように雪が多く降る地域は折り合いが大切だと思ったのです。
鈴木 折り合い、いい言葉ですね。でも市場は理解してくれそうもないな。
菅家 フランスのパリにあるランジス卸市場では、花の仲卸がたくさんあるのだけれど、カフェの文化の国だから、たとえばミモザを生産している農家がそれを朝に持ち込む。そして仕入れに来たフローリストとコーヒーを、飲みながら、語っています。今年はこうした天候でミモザの出来具合が変化している、とか。それを聴いたフローリストは市街地の家の内装・装飾をするときにその家の人にもミモザの出来の情報を語るわけです。商品だけの縁ではなく、その育ち具合も鑑賞する人たちに伝える仕組みをパリは持っている。
菅家 四月にJFMAがセミナーを都内で開催するのだけれど、一月に視察したパリのメゾンオブジェなどの展示会の報告会で、パリ在住の荒井女史も来日し報告します。僕も渡欧したときにランジスは見ていて通訳は荒井さんでした。現在、日本政府(農水省)も生産地表示をしようと努力しています。しかし大切なことは生産地表示ではなく、それにともなうその花の育った環境を伝えることにあります。たとえば、今年、このようにして埼玉園芸市場に出荷時期でもない時期から営業に来て、セリ場の後方で客待ちしているのは、市場を拠点として新しい生産者と花屋さんの関係を考えているからです。

« 会津耶麻山地 木地師終焉記(野本寛一先生) | トップページ | 雨の日 »

会津学」カテゴリの記事