September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 2年次への「タネ」まき | トップページ | 日本の首都・東京でのカラムシ »

2010年3月 8日 (月曜日)

享保六年夏、丹羽正伯が会津入り

■今から約三百年ほど前のこと。本草学者・丹羽正伯。享保六年(1721)七月、江戸の幕府が医師丹羽正泊を薬草調査のため日光・会津・米沢等へ派遣。

 平成元年(1989)九月に出版された福島県耶麻郡山都町の『山都町史 第1巻 通史編Ⅰ』867ページに記載があった。

 

 『山都町史』は会津藩が1631年から1809年までの藩政全般の記録をまとめた『家世実紀』の山都町分(木曽組)の抜き書きを掲載している。受け入れ地元側の記録である。

 享保六年(1721) 医師 丹羽正伯が薬草調査のため地方に派遣される、として記載している。

 七月六日、江戸を出発し日光から南山御蔵入(田島)。十三日会津藩領に来る。十三人。

 十四日 正伯不快にて逗留

 十五日 猪苗代湯達沢泊

 十六日 磐梯山へ。薬草無し、大寺村に泊。

 十七日 山三郷一ノ戸村泊

 十八日 木地小屋泊

 十九日 飯豊山へ登山、風雨激しく引き返し木地小屋泊

 二十日 天気悪く逗留

 二十一日 飯豊山に登山し薬草の髭人参(ひげにんじん)を発見掘り出す。会津から江戸へ送る。髭人参のあるところには必ず人参もあるから、来春再度探すよう郷頭斎藤武右衛門に指示する

 米沢領へ人足を付け四里、正伯らを送る。

 会津藩はこの正伯一行の会津藩領内通過・調査にかけた費用は、のべ人足で三千人ほど。

 ※町史868ページでは、転載のため、掲載文に一部七月が五月と誤植があるようで、『家世実紀』の本文で確認する必要がある。

 旅人による会津の記録。

■ → 丹羽正伯の仕事 → 日本国内を歩いた人たち

 → 徳川吉宗の政策

山伏・修験者

■→1816年、泉光院会津入り

■ → 1563年、堯雅僧正

■ → 1509年没、連歌師猪苗代兼載

 

« 2年次への「タネ」まき | トップページ | 日本の首都・東京でのカラムシ »

会津学」カテゴリの記事