September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 宇宙ステーション | トップページ | 中世後期研究会編『室町・戦国期研究を読みなおす』(思文閣出版、2007年) »

2010年3月 1日 (月曜日)

清浄なる精神(内山節 2009年)信濃毎日新聞社

■哲学者内山節(うちやまたかし)の近著『清浄なる精神』(信濃毎日新聞社、2009年11月刊)。357ページ、1800円。

 2007年1月から2年間、信濃毎日新聞に連載された『風土と哲学 日本民衆思想の基底へ』をまとめたもの。

 237ページ「結ばれた本質」に会津の老農佐瀬与次右衛門の会津歌農書がつぎのように----

 私の好きな歌に「かきつばた 花のひらかば豆をまく 時節来ると 心得よかし」というのがある。江戸時代に会津地方の農民によって書かれた『会津歌農書』にでてくる歌で、歌を通して農業について書いたものである。私もこの歌を知ってから、かきつばたの花が咲くと大豆の種を播いたりするようになったのだけれど、いかにも自然との結びつきのなかに農民の仕事があることを感じさせる歌で、私は好きだ。

■武士がもっていたのは古代以来の支配者から受け継いだ国家主義的な精神であり、村々の人々がもっていたのは、自然とともに、村とともに、土を耕しながら生きていた人々の精神である。前者は思想の基軸を儒学に求め、後者は土着的な信仰を仏教の言葉で語ろうとした。そして思想史のうえでは、明治時代とは、この武家側の精神と欧米思想が融合するかたちで展開し、それゆえに儒学の国家理論と欧米的な国民国家の理論が一体になりながら、日本のナショナリズムを生みだしていったのである。(略)

 民衆の日本的精神は、私たちの精神の基層にどのように残り、その精神の基層は未来に何を語ろうとしているのか。(略)永遠の無事を求めた日本の民衆精神によって、現在の国家主義的な思想を否定することである。(略)自然と人間を分けることなく生きた人々。たえず永遠の無事をみつけだそうとしていた人々。(5ページ)

■世界最強の軍事力をもつアメリカがイラクでもアフガニスタンでも勝てなくなったという現実も、近代以降の世界システムの終わりを感じさせる(332ページ)。

20100226dsc01139 

 

« 宇宙ステーション | トップページ | 中世後期研究会編『室町・戦国期研究を読みなおす』(思文閣出版、2007年) »

会津学」カテゴリの記事