September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 首都東京 JR巣鴨駅「フルーツ・ステーション」 | トップページ | かすみ草 »

2010年4月 8日 (木曜日)

山が減るほど歩いた

■2010年4月8日、奥会津昭和村大芦山崎で聞いた言葉。こたつにあたりながら、二人の猟師(地元ではテッポウブチとよぶ)に戦前の茅場の管理の話を聞いていたなかで承けた言葉。

 → ツイッターに投句

■「キノコ採り、テッポウブチ、、、、山が減るほど歩いた」というつぶやきを古老猟師から聞いた。その静かな語り口調の意味は贖罪(しょくざい)であった。人間の行為は自然、総称してヤマ、山をすり減らす、という自然認識を古老はつぶやいた。

 自分という人間が生き残るための行為で山(やま・自然そのもの)が減る、、、つまり山の幸(山菜、きのこ、動物)を暮らしをたてるためにとらなければ生きられなかった辛苦がある。毎日山に通い山菜やきのこ、動物を獲る、それを稼ぎとし暮らしていた。自分(人間)の行為が、相手である山(山川草木)という対象物をすり減らす行為であるという事実である。それが山で暮らす日常の小さな行為であっても、そのような心構えを持つ意味は、豊かな自然などというあいまいな表現、あるいは持続可能性的利用(民俗植物学)を超える大切な表現であると思う。自分が肥えると相手(山)は細る、両者にとって互恵などというものは無いのだよという諦観が、人間の行為を制限している。現在の人間の自然観は賢明な自然利用(ワイズユース)などと言って人間の活動を正当化しているが、大きな誤りであることを老猟師の言葉は指摘している。日本列島の南端の竹富島で長野県の星野リゾートによる開発問題をこの数日聞いていたことが、私自身の問題意識の底流にあったから、受けとめた言葉であった。

■古老の話を聞いてから、昭和村大芦から、距離が離れた昭和村大岐の我が家の父上(猟師・77歳)に聞くと、そんな言葉は聞いたことがない、と最初語った。しかし夕食を終える頃、大岐の年寄り、昔の人たちは「山が減るほど歩いた」と言っていたことを覚えている、思い出した、という。古い言葉で、使う人は昭和十年代くらいまでだったようだ。奥会津の広く社会認識として基層にあった言葉のようだ。

 今日はじめて出会ったこの重い言葉を引き継ぐために私は高校卒業後、これまで30年以上ものあいだ、村人から話を聞いてきたように思う。

おらぁ、村中の山という山は、山が減るほど、歩ったゎ」

 - - -

2010年4月8日に福島県昭和村大芦で聞いた。4つの坪(集落)の中心にある山塊・愛宕山は、古老によれば「タテノアト(舘の跡)」とよんできた。山崎集落、カクイチがい(の家)近くにふたつの竪堀がある。登り攻める敵を討つ場所、という。中世の山ノ内氏の城跡跡であるが、未調査地区である。

 日本の自然村。自ずから生まれた集落に、中世、武士が入ってくる。すると集落ごとに城館柵塁、狼煙のための施設(愛宕様)が作られる。なぜ集落ごとに、これら城館跡が会津各地に残されているのか?農文協から出版されたばかりの内山節『共同体の基礎理論』を読むと、そうした意味がわかる。

 共同体にはすべてがあった。日本の共同体は自然と人間の共同体としてつくられている。それだけではなく、生と死を包んだ共同体としてつくられているのである。つまり、生きている世界だけではなく、死後の世界をも持っているのが日本の共同体である(内山節『共同体の基礎理論』93ページ)

C0189218_2011943

写真は佐藤孝雄氏撮影(大芦在住)

« 首都東京 JR巣鴨駅「フルーツ・ステーション」 | トップページ | かすみ草 »

会津学」カテゴリの記事