September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« かすみ草ハウス準備作業、その2 | トップページ | NB展開 »

2010年4月19日 (月曜日)

セレクタのかすみ草

■ドイツのセレクタ・クレム社(カーネーション、ガーベラ等)のかすみ草は2009年から開始。日本では、群馬県のカネコ種苗が苗の扱いをしていたが、2010年は広島県江田島市の美香園(長坂氏)が扱うようである。3月来村時に大田花きで同社幹部と会、その時は何も言っていなかった。ケニア・エクアドルに1haかすみ草作付。

 世界のかすみ草の育種はイスラエルが中心でシェアも9割を超える。その中心はダンジガー社である。その育種を担当した人々が離社後、品種開発をして似たような品種を販売している。そのため品種権の訴訟が起きている(バイオロジカル社などの品種)。

 ドイツのセレクタ社はこうしたイスラエル育種品を2009年からケニア・エクアドル(コロンビア)・日本に販売をはじめている。育種者は雪ん子の育種をしたひと、だということだ。

 南米のエクアドル・コロンビアで大規模農園を展開するエスメラルダ社は、ダンジガー社の世界大ヒット作ミリオンスターを生産する農園であったが独自品種(ミリオンスターの枝数が倍ある品種・ダブルタイム)を発見しそれを中心に育種を進めている。2008年9月にエクアドルの同社を訪問し展示会でも見たがいちばんオリジナリティのある育種を展開している。2008年に日本のキリンアグリバイオがこのエスメラルダ社かすみ草を日本で販売したが、2009年秋に契約を解消、キリン自体が花事業から撤退し、名古屋市の福花園種苗がかすみ草は引き継ぐが、本年は苗の供給は難しい状態である。ファンタイムが世界標準品として私はいちばん期待している品種である。昭和花き研究会でも2008年、2009年とキリンからの苗の提供を受けて奥会津の昭和村大岐等で試験栽培をしている。

 さてドイツのセレクタ社は現状はスペインを中心としているが、2009年にかすみ草を販売し、アフリカのケニアに1ヘクタール、エクアドルに1ヘクタール、新品種を栽培している。新規勢力である。ブロッサムを中心として夏作の産地に、CV405品種、臭いが少ないセレブレイションを和歌山県(JA紀州中央等)に展開するようだ。昭和花き研究会でも試作は継続する予定。

 日本のかすみ草はミヨシ(東京・山梨)のアルタイルを中心として動いていく。夏作産地は短く咲いてしまう欠点があり、多用な種が導入・試作されている。

 ダンジガーの雪ん子の時代は終わり、その各種21世紀品種をスミカ(住化農業資材・大阪)が日本向けの選抜をして「~ベール」のラインナップを出している。今年はベールスターという品種が夏作産地(北海道・会津)で増えている。

Taketomi2010dsc02546

« かすみ草ハウス準備作業、その2 | トップページ | NB展開 »

かすみ草2010年」カテゴリの記事