September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 28万頭 | トップページ | 5月21日(金)かすみ草相場 »

2010年5月20日 (木曜日)

標準化と差別化

■2010年5月20日(木)

 商品素材を生産する農業では、コストダウンして共通化する品質管理技術と、栽培内容の明確化は世界で落ち着くところに落ち着く。

 一方、生産会社(日本では生産部会)は、品種により寡占化、独占による差別化をはかる。死にかけた品目が、プロモーションにより再生した事例も出てきている。

 B2Bの世界では、育種会社の顧客はこれまで生産者であったから、そこにしか品目カタログは配布していない。しかし生産者の生産した商品素材を購入するのは小売店(花屋さん)である。2007年、08年とIFEX展示会でミヨシはアルタイルというかすみ草の大展示と来場する花屋さんへの販促物配布・インタビューというプロモーションを行った。そのため卸市場へのアルタイル発注が増え、09年にはプロモーションをしなくともアルタイルが日本のかすみ草の主流になった。かすみ草は衰え行く品目であり、海外産品種が1995年ころから15年間主流を占めていた。それが2010年には全くと言っていいほど、日本産品種アルタイルに逆転した。B2Bのプロモーションが、育種会社→生産者ではなく、育種会社→花小売店とし継続したことが成功要因となっている。

 これは育種会社はポット花壇苗を直接生産販売し、ホームセンター等へのB2C営業からの知見による伸展である。なかなかそこに気づいている業界人は少ない。

 展示会の有り様は、海外産品種と国産品種の競い合いの場になるが、とりあえず来場者は国内花店主・バイヤーが多い。

 一方卸会社の一部は世界中の少数ロットの品種を独占し、特定生産地に栽培させ、それを独占して販売することで新しい品種価値を生み出している(たとえばFAJの取り組み)。

 品種が細分化され多様化すると、いかにそれを独占して差別化するかと、リスクを同時に背負うことになるが、生産地→花小売店(B2B)、生産地→消費者(B2C)・直売所など品種・品目は新しければ良い、という時代ではなくなった。つまり花の良さをアピールし、革新的な品質保持技術で流通品質を維持し、簡易な取扱いで生活の場に提案できるかが問われている。

 その場合、取引したい小売店群を指定し、商品提案ができるような時代になってきている。

 ラベル(認証)は、それを店頭で表示してアピールして販売するかどうかにかかわらず、社会的な要求要因と自らの生産を見直す手段として介在している。つまり見えない価値を見えるようにするB2Bが本来のものであり、消費者向けにはカーボン・フット・プリントが求められる時代になっている。

↓2007年秋、フラワーカウンシルのデジタルサイネージ(アムステルダム)

S060116img_5730

« 28万頭 | トップページ | 5月21日(金)かすみ草相場 »

花と農業」カテゴリの記事