September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 日本政府のGAPガイドライン説明会 | トップページ | 202集落に102の中世城館跡 »

2010年5月26日 (水曜日)

イナワラ(稲藁)を買う暮らし

■福島県南会津郡檜枝岐(ひのえまた)村。尾瀬の北側の玄関にあたる村だ。水田はほとんど無い。

 平野惣吉さん(明治33年、1900年生)によれば、「大津岐にいたとき、うちのおばあさんの生まれた南郷村に、そこに秋になって行って、戻りしまに夜になって、ワラひとしょい(一背負い)背負ってきた。そのころ、檜枝岐では、みんなワラは下の方から、伊南(村)のほうから買ったから」(平野惣吉述・志村俊司編『山人の賦Ⅰ』1984年、白水社119ページ)

 平野與三郎(明治30年、1897年生)は、「冬のよなべ仕事は、男はコネバチ、ヘラ、シャクシ。女はシナ縄、ワラジ作り。ワラジは冬仕事に作ったやつのほうが強いだ。あれは作りがて(すぐ)よりは、作って置いといたやつのほうが強いだ。作ってすぐに履き出すと弱い。昔は靴や地下足袋買えなかったから、履き物はみんなワラで作った。村ではワラはみんな伊南(村)から秋背負って来た、買いに行って。一背負いあれば一年中まにあった。遅くなると買えないこともあるが、ワラがないとたいへんだから、どこまでもいっただよ。オラの家はおっかさんが伊南の道城から来たから、せわなかった(容易だった)。ワラ、そこからもらってこられたから。大津岐にきてっからは越後から買った。あっちの人イネ作ったから。大津岐ででイネ作ったときはそれ使ったが、明神峠越えで向こうからあげたこともあるが、遠くて、二、三回行ったが。家中で履くものもみんあ作っとくだ、冬のうち、一年分。畑はぞうりでやれるが、山と川はワラジ、ワラジでないとだめだ。雪のある間はワラグツ。今はいい足袋できて、川んなか履いても滑んないやつができたが、昔はそんなものはなかったから、山でも川でもワラジだけ、それでもケガしなかった」(平野與三郎述・志村俊司編『山人の賦Ⅱ』(1985年、白水社 65ページ)

■産物としてのワラ → 2009年11月29日喜多方市読者会

Dsc05912

Dsc05928

Dsc05929

« 日本政府のGAPガイドライン説明会 | トップページ | 202集落に102の中世城館跡 »

会津学」カテゴリの記事