September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 花はコミュニケーション・マーケット | トップページ | 魚沼シャクヤク物語 »

2010年6月 8日 (火曜日)

消費社会のリ・デザイン

■昨日、フランス国の花の宅配ギフトの事例を聞いていて、その仕組みの設計の目的は、「最適解」を求めるために数多くのトライアルと失敗をしていることも演者は正直に語っていた。たとえば日本進出への失敗など、を具体的に語っている(出演者による昼食を兼ねたミーティングでもそのことに触れていた)。

■2009年2月に刊行され、私のこのウェブサイトでも何度か取り上げている日本デザイン機構『消費社会のリ・デザイン~豊かさとは何か』(岡山県 大学教育出版)を想起させる講演であった。

 企画やデザインの仕事は「こだわり」を創出するのが使命である。ひとをその気にさせるクオリティを追求せねばならない。「こだわり」は不特定多数を相手にはしない。小さな単位で、深く探り、かたちにする。こうした視点でのモノづくりやサービスの提供が、混沌とした消費者に、大切なものを発見させる結果をもたらす、、、(206ページ)。

■2010年6月4日から日本の切り花(大分県メルヘンローズ、環境負荷低減プログラムMPSのバラ)が都内生花店でカーボン・フット・プリント表示による販売がはじまっている(日本農業新聞6月5日)。国産プレミアムは花には無い、というのが昨日の統計であったが、時代は過去に向かって変化している。前掲書の対談で、現在日本で進行している地産地消についても、以下のように指摘している。

 パラダイム転換の方法は単純明快なことと思う。遠くから持ってくるものは高い。つまりCO2排出という面からいったらものすごく高い。近くで生産したものは安い。要するに大量生産・大量消費システムから適量生産・適量消費へのパラダイムシフト。その例が「地産地消」です。(略)

 地産地消の考え方で自分たちがトレーサビリティを含めて自分たちの目で確かめられる消費に切り替えられていく、、、(略)

 しかし流れを変えるのは総論ではだめだ。流れを変える目標像、モデルをつくっていくということが大事だ。この目標となるモデルというのはつねに小さい。小さいものが次の価値を明示する。例えば農家の人がこうやってつくってあげますよって言ったら、それを私たちが買い取りますよみたいな構造は次々に生まれている。これをもっと育てていくことがいる。

 それは、ひとつのことでありとあらゆることをやらなければならない。

■アクアレル・ドット・コムはウェブを利用した受注機能を持つ今風会社であるが、ITの設計・調達・加工・品質管理・配送・マーケティングまですべてを自社で行っている「古いモデル」の会社である。

 売っているものしか買えない消費者。しかし売っているものが陳腐化する時代になりデパートが苦戦・倒産している時代。売っていないものとはサービス。花にどのような価値を見出すか?品質は?花持ち期間は?品種・品目さえ花屋さんであれ理解していない。だから花には創造的価値があることを見出し、花を売るのではなく、そのサービスとは人と人をつなぐ価値=花束であることにアクアレル・ドット・コム創業者は気づいたことを「新しさの発見」と呼んだ。それは生活者としての価値である。花の価値を理解しているのは普通に暮らしている人々であり、花卉産業従事者ではない。

■インフラ整備はオランダ的ベーシックな取り組みが必要だけれども、それは目的ではなく手段。目的は、今後求められる東洋的文化価値を持つ花・花束・花飾りを付加した日本人に向けられた小さな商品開発と、サービス開発である。次のステップに進む前の基盤整備が今年の実証試験(自家庭内消費)であり、次のステップはフラワーカウンシルが行っている店頭MDのショッパーの誘導(立ち寄り率の向上・購買率の向上)に写っていく。それは花屋さんの得意分野になる。それを今年から同時にやってもよい。

 7月21日の午前、JELFA生産者向けセミナーで3点に絞り込み講演してほしい(10項目をレジュメで提示)と、柏村さんにも昨夜言われた。

20100607dsc06840

20100607dsc06759

20100607dsc06760 20100607dsc06789

20100607dsc06785

20100607dsc06887

 

 

« 花はコミュニケーション・マーケット | トップページ | 魚沼シャクヤク物語 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事