September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 大芦エコツアー(スタディツアー)報告 | トップページ | buna »

2010年6月13日 (日曜日)

6/26 有機農業フォーラム(猪苗代)

日本有機農業学会公開フォーラム

趣旨 中山間地は農業者の高齢化、後継者不足、耕作放棄地増大など多くの課題を抱えている。福島県会津地方において、有機農業を基軸として活性化を図っている事例から学と共に、今後の方向性について検討する。

日時 2010年 6月26-27日(土日曜日)
コーディネータ 長谷川浩(学会事務局長)
集合場所 JRの場合、猪苗代駅(駅からホテルへはバスで送迎)
     車の場合はホテルに直接

「有機農業を基軸とした中山間地活性化—福島県会津地域の事例—」
【一日目、6/26 13時〜20時】
場所 ヴィライナワシロ(福島県猪苗代町)
1.主催者あいさつ

2 基調講演1「農山村活性化のためにどのような視点が必要なのか」
守友裕一 氏(宇都宮大学)

3.基調講演2「中山間地域と有機農業」
  高橋巌 氏 (日本大学)
 
4.実践報告1「都市と農村の交流による集落の活性化を目指して」
浅見彰宏 氏(喜多方市山都町)

5.実践報告2「学校給食における食農教育」
小林芳正 氏(喜多方市熱塩加納町)

6.実践報告3「会津学を通じた地域の再発見」
菅家博昭 氏(昭和村)

7.実践報告4「新規就農支援」
小川光(喜多方市山都町)

8.新規就農研修生等のリレートーク

9.有機食材との出会いと料理法
  山際博美 氏(ヴィライナワシロ)

10.総合討議—中山間地における地域活性化と有機農業—

有機食材を中心とした懇親会 

【二日目、6/27 8時発】
現地見学会(喜多方市山都町の上堰、チャルジョウ農場、熱塩加納小学校)
午後解散(ヴィライナワシロまたは猪苗代駅)

【費用】
研究会(資料代) 1,000円、 懇親会 5,000円、 宿泊費 8,000円
現地見学会(バス代) 2,000円 

【問い合わせ・申込先】
長谷川浩(有機農業学会事務局長)
東北農業研究センター カバークロップ研究チーム
 〒960-2156
 福島市荒井字原宿南50
 電話 024-593-6177(直通)、 024-593-5151(代表)
 FAX  024-593-2155、 メール hasegawa(あっとまーく)affrc.go.jp

« 大芦エコツアー(スタディツアー)報告 | トップページ | buna »

催事等情報」カテゴリの記事