September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« ワケイ(wakei)、ワカイ(wakai) | トップページ | 沖縄・太陽の花フェア 中央花卉25日まで開催 »

2010年6月27日 (日曜日)

有機農業フォーラム

  ■6月26日(土)13時より、福島県猪苗代町のホテルヴィラ猪苗代で有機農業学会公開フォーラムが開催された。全国から参会者があり、地元の実践者が報告をした。

   → 日本有機農業学会

 これまで会うことがなかった人びとと再会した日でもあった。宇都宮大農学部の守友裕一先生(内発的発展論)、國學院大學経済ネットワーキング学科の古沢広祐さん、会津の熱塩加納の小林芳正さん、山都町のひぐらし農園の浅見さん、、、、

■会場で、雑誌会津学を1~5号机に並べて頒布の準備をはじめたとき、会場内の小林芳正さんに会釈したら近づいてこられて、「カンケ君、立松和平が亡くなって残念だなあ」と語られた。生年をうかがったら昭和9年生まれ、76歳だという。我が父上・清一は昭和7年生まれだから同じ年代だ。30年以上前に三島町等での有機農業フォーラム等でお会いしている。名刺をいただいたら「陽だまり農園・共生塾塾長」と書かれていた。米岡字日照田。

 講演で小林芳正さんは、農協職員であり、農協として有機農業を推進した時代のことを語られた。農業は命を支える産業であり、農協運動として「なんとしても有機農業をやんべし」といって集落を歩いた。農協運動というのは、組合員農家の幸せづくりのために行う。運動とは、人の意識の改革がないと展開できない。しかし有機農法は自己責任の農法である。水田除草剤を1回だけ使用する熱塩加納型の減農薬有機栽培(特別栽培)を広めた。学校給食には政府米を使用しなければ補助金が出なかった。古米やどこで作られたかわからない米を、村の将来を支える子どもたちに食べさせるより、地域で有機栽培した米を食べさせたかった。食育、食農教育は、農業を通して感情豊かな子どもを育てるのが目的で、技術論を教えるのではない。小学校の農業科に副読本があり農業技術論が書かれている。そんな本は使用せずとも、農業を通じて心を培うことはできる。

■報告者席が隣であった小林芳正さんに、講演後、学校農園の話を聞いた。

 一学年で一作物作ることに落ち着いた、という。作りたい物をたくさん種類作ることをしたが、世話ができずに終わることが多かったという。学校農園の手伝いを4年間行ったなかで、現在は、一学年一作物とし皆で食べられるもの、おすそわけできるもの、を作っている。

 10アールの水田にはコガネモチとコシヒカリ。15アールの畑には、馬鈴薯(じゃがいも)、ニンジン、ネギ。マメは枝豆と豆腐用の豆。トウモロコシは9月10日に炭火で焼くトウモロコシパーティをするために植える。カボチャは、古い品種の長い形のカンドウ。馬鈴薯を収穫した跡地にはダイコンとカブを蒔く。カブはウツノ地区で栽培を続けていた長いカブ(うつのカブ)。

■ヴィラ猪苗代の料理を担当している山際さんの講演、会議後の夕食会はその野菜料理を実際に食べました。

20100626dsc07763

20100626dsc07767

20100626dsc07768

20100626dsc07779

20100626dsc07780

↑小林芳正さん

20100626dsc07783

20100626dsc07788

20100626dsc07821

20100626dsc07808

 ↑なめこの羊羹。

20100626dsc07812

20100626dsc07818

« ワケイ(wakei)、ワカイ(wakai) | トップページ | 沖縄・太陽の花フェア 中央花卉25日まで開催 »

会津学」カテゴリの記事