September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 6月7日(月)JFMAセミナー 都内法政大 | トップページ | 消費社会のリ・デザイン »

2010年6月 7日 (月曜日)

花はコミュニケーション・マーケット

■2010年6月7日(月曜日)東京。

 11時よりJFMA総会。

 13時30分よりJFMA国際セミナー(創立10周年記念シンポジウム)。小川会長、政府・表さん、フランス国のアクアレル・ドット・コムのCEOアンリさん。パネルディスカッションは守重・菅家・表・アンリ・小川。

■アクアレルは、花はコミュニケーション・マーケットであり、適切に送り手のメッセージとして花を指定時間に届ける。花は送り手、受けての二人を幸せにする。そのため、自社で輸送網を築く。水入りプラカップにブーケをさし段ボール梱包。花はアフリカ、南米から輸入し低温管理。

 自社でお客様まで届けるというところをアウトソースしないところが新しい。これは楽天のネットが今後目指すものと同じ。

 またIT担当者は花を知らない。マーケティング担当者はITを知らない。そのためアクアレルはもともとIT会社であることから、IT10人とマーケティングを接近させている。ITをアウトソーシングしてもうまくいかない。

 つまり自社にすべて抱え込むというこれまでのビジネスモデルとは全く異なる手法で品質と規模を追求して成功している。やっていることは新しいものはないが、お客様の立場でシンプルに要求されている品質維持・定時配達というだけのことだ。そのために直接産地と取引し素材を低温管理し輸送も給水スポンジを使わず水つけプラカップで輸送している。

 しかし日本、韓国、北欧へのウェブサイト開設はすべて失敗している。その敗因は、現地に合わせた花マーケティングが失敗した要因と語った。顧客はパリのスタイルのブーケがほしいのであり、それ以外は無い。フランス国外の在住フランス人が、フランス国内の人にギフトとして送るニーズに結果として対応することになった。

■リアル店舗とウェブ店舗ではブランドを作る。ブランドが出来たらネット展開する。その逆は無い。ブランド価値を下げるような、たとえばテレビショッピングには出さない。テレビショッピングはブランド構築できていない商品を売るためのもの。顧客の贈る気持ちを壊すような販路は使わない。花の価値はよくわからないから、ブランド価値を創造しやすい。品質と鮮度、価格とバリュー。贈る人の気持ちを、受け取る人に届けるサービス、つまり感情・メッセージをお客様に届けることがサービスの中心であり、花はそのサポートとして最適である、ということ。価格の25%が輸送コストであっても、アクアレル・ブランド(指定日指定時刻着、高品質・低単価)は支持されている。

  おだやかな哲学者風貌の仏国紳士アンリさん。語っている内容は現実的でトレードオフしたシンプルな内容。

 本邦でウェブでの花販売を行っている大小の企業からの担当者の参加者が多かった。その方々に講演会後の懇親会(立食パーティ)で、自社の取り組みとアンリさんの講演との接点や学ぶこと、気づいたことをうかがった。お花そのもの話やブーケデザイン、マーケティングの話ではなく、マネジメントの話であり、基本をいかに構築するかを説かれたので、虚を衝かれた方が多かった。それは自社のB2Cの拡大への大きな示唆を富む内容であったという。B2BからB2Cウェブ販売にという意欲を得た仲卸業も多かった。

20100607dsc06865

20100607dsc06845

20100607dsc06846_2

20100607dsc06852

20100607dsc06853

20100607dsc06857

20100607dsc06858

20100607dsc06874

20100607dsc06822

20100607dsc06825

20100607dsc06884

20100607dsc06882

20100607dsc06877

20100607dsc06799

20100607dsc06793

« 6月7日(月)JFMAセミナー 都内法政大 | トップページ | 消費社会のリ・デザイン »

催事等情報」カテゴリの記事