September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 畑から携帯メール送信でツイッターに記事 | トップページ | やせた土地 »

2010年6月 4日 (金曜日)

6月10日(木)13時30分~矢ノ原高原

■昭和村花き振興協議会主催による、かすみ草あぜ道講習会が開催されます。場所は昭和村矢ノ原展示圃場(給水所)。6月10日(木)13時30分~3時。講師は金山普及所長谷川浩先生、ミヨシ谷一道先生。アルタイルのダブルピンチについて実地講習となります。参集下さい。

■6月4日(金)晴れ、曇り。

 6月1日に定植したファンタイム(エスメラルダ社育成・かすみ草)に灌水を行い、フラワーネットを伸展。ほかに2棟にも、花の倒伏防止のためのフラワーネットを15cm高さに張る。

 午前10時より、中向雪室集荷所の事務室にて行政機関担当者と今後の花き振興計画策定に向けての打合会。B2P2Bを新事業として提案。Pは公共(パブリック)。

 今日は、昭和花き研究会のかすみ草の生育状況照会関係で、福岡花市場の小川さん、姫路生花の田寺常務、板橋のすずき商事の川口さん、福島花きの橋本栄市社長、埼玉園芸の唐沢さん、YBの加藤さんから電話がありました。

 明日は朝4時30分より、岩下(下)圃場にかすみ草・ファンタイムを定植する。

 8~9時の間に仙台市場・仙花より上原部長ら仲卸2社担当者と来村。正午前、柏市場の石橋課長と仲卸神扇の佐藤社長来村。

 午後は郡山運送会津若松営業所で輸送協議(金山玉梨国道400号通行止め)、集荷所担当の副会長本名敬君が出席。

■今日は晴れるとエゾハルゼミが良く鳴き、ツツドリ、ジュウイチ、ホトトギス。キツツキ類のドラミングが数カ所から同時に聞こえた(高畠)。夕方、ホトトギスは2個体以上、滝谷川をはさみ谷のこちらと向こうに鳴きながら行ったり来たりしている。ハシブトガラス1羽が昨日より大岐の家廻りのゴミをつつくようになった。これまでなかった行為なので、居付きのカラスではなく、飛来したドリフター(漂鳥)かもしれない。

■現在羽化したセミ、習性の異なるセミを2種類、地域個体群なのかどうか、調査中。昨年発見したのだけれど、ブナの樹の1.5m付近に止まり、羽化する個体群と、5m付近まで上がる個体群が地域で分離している。今年も同じ。いま鳴いているセミがすべてエゾハルゼミなのかどうか?という問題である。

■5月29日に栃木県日光市・中央公民館で行われた日光学の講座で、地域学の進め方について話しをしましたが、その来場者アンケート結果が主催者の教育委員会より届きました。ひとつ紹介します。

 地元のことをいかに知らないか、ということを痛感した。会社人間として、仕事人間として、40年働いてきたが、自分の身の回りの自然、花の名前、草の名前、知らないことばかりである。

20100604img_9116

博士山西麓。大岐地区。露地雨除け栽培。太陽と風、雨水がかすみ草を育てる。花が咲くときだけハウス屋根にビニルを被覆する。ビニル被覆しているハウスは雪のあるときから生育させている無加温促成栽培のハウス。

20100604img_9151

20100604img_9163

20100604img_9187

Dsc06588

« 畑から携帯メール送信でツイッターに記事 | トップページ | やせた土地 »

昭和花き研究会事務連絡等」カテゴリの記事