September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« タケノコ(ネマガリタケ、細竹) | トップページ | 6/6作業 »

2010年6月 6日 (日曜日)

ものと人間の文化史:野菜(青葉高)

■法政大学出版局の「ものと人間の文化史」シリーズは国内の研究者による名著が多いが、特に、1981年に初版が出た青葉高『野菜 在来品種の系譜』は東北・山形をフィールドとして焼畑のカブの研究で知られている。

 第一章が「山菜から野菜へ」。元来は生存のために必要なものとして利用した山菜。現在は採取がレクリエーションとなり、山菜料理が田舎の味として商品化されているが、これは本来の形ではない、としている。

 北国の山菜(四ページ~)では、山菜は根雪の消えるのを待ちかねたかのように芽が伸び出したものを利用する物が多い。それらの山菜は葉が十分開いてしまうと硬くなって食用に適さない。

 昭和三〇年頃の調査では山形県最上郡のムラでは一戸当たり年間約二七五キログラム、庄内月山山麓の農家では二〇〇キロ近く採取。平野部の農家でも年間三五キロの山菜を消費している。

 山菜の昭和十五年の新庄市の積雪地方農村経済調査所の調査では、山形県だけで年間二千八百トン採取、北海道と東北、北陸の十県で主な五種類の山菜の消費量は三万七千五百トン。

Dsc06727

↑カクマ、カタクリ。

Dsc06662

 

« タケノコ(ネマガリタケ、細竹) | トップページ | 6/6作業 »

会津学」カテゴリの記事