September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 佐藤孝雄と歩く大芦スタディツアー(2回目) | トップページ | 685 »

2010年7月10日 (土曜日)

コウズ(KOUZU)、コウゾ和紙。地域を支えた植物群

■自ら暮らす地域社会を支えた植物を調べる、いつも新しい発見と驚きがある。

 コウズ。紙漉くコウゾのことである。和紙を造る原料。昭和村では「きがみ」と言った。生紙(実際は木紙であろう)。

 大芦家の佐藤孝雄氏と、次回スタディツアー3回目を予定している松山集落を歩き、古老から紙漉産業のかつての話しをうかがった。コウズ(コウゾ)の栽培跡地に残る現存コウズも調査しました。案内してくれたのは栗城金一さん。昭和村に生育するコウゾをはじめて見ました。葉は切れ込み独特のかたちをしています。毎年切るので台から出た当年枝(シュート)を切り集めた、といい、栽培地は「畑のほとり(端)」ということでした。松山集落は現在落石通行止めである国道400号ツナギを介して金山町玉梨・八町地区に隣接し、金山町の文化圏・通婚圏になっています。松山集落はほぼ全戸がかつて紙漉のためのコウゾ栽培に従事していました。松山では、母語での発音はコウズ(KOUZU)と言っています。昭和30年頃まで紙漉、そしてウルシのロウ(ろうそく)の採取である「ろうしめ」にとりくんでいたのもこの集落です。

  →大芦家・佐藤孝雄氏の報告

■かつて生活をささえた植物群は、根絶やしにせず、畑のふち(ほとり)に、またいつか時代が変わり、役に立つときが来るからと移植して株を残します。そうした文化があります。ほとり(畑のへり)の植物遺存群は、人間の意志のもと保全(リザーブ)されたものです。野生化したものではありません。かつてカラムシを栽培した地域、コウゾ(コウズ)を栽培した地域、クワ(桑、養蚕)の地域、いずれも同じです。

 生業複合という概念が民俗学ではありますが、そうではなく、草に頼った暮らし(カヤやカラムシ、コウゾ、ウルシのろう)の全貌を調べる必要があります。そのうえで、山菜やキノコ、魚類の捕獲、獣類の狩猟を含め、山野河川の利用の実相から見えてくるものをそのまま伝える必要があります。

■8月8日に予定されている大芦家スタディツアー3回目は松山集落(菅家、佐藤孝雄案内)のほか、中世の軍事・政治の拠点である野尻山ノ内氏の遺構を見ます(牛首城・丸山城は野尻より遠望、居館跡等は現地踏査)。案内は野尻の弥吉さんを予定しています。中向の生き石様(毎年石が育ち大きくなっている)の場所(現在砂防ダム埋没)も。

■奥会津昭和村を北流する2本の河川は只見川を経て新潟から日本海に注ぐ。滝谷川と野尻川。野尻川の下流は金山町川口で上流が昭和村。野尻川の河谷平野の北端が松山で、かつて推察するが中津川が本来の呼び名であったと思う。北端の松山集落の隣接地の湿地帯が現・野尻集落で、河谷平野の末端で、松山は金山町との境のツナギとよぶ岩壁地帯(大妻山)に位置する。中世、野尻に軍事上の拠点を構えることになる金山町の横田山ノ内氏は分家を出し野尻山ノ内とする。それから、当地が政治上の中心・野尻となり野尻川を称したと思われる。中津川の中心は現在の小中津川で、中津川を称し、それが小中津川と下中津川に柳沢を境として分割される。古い集落、古代からの自然村は丘陵地に集落を経営する。その後、中世以後開拓された集落は河川に近い氾濫原である現在の水田立地と同じ場所に位置し、水田開発を行っている。新しい集落とは野尻、下中津川、大芦、大岐等である(洪水に遭う場所立地)。後から来た人たちは自然災害に遭いやすい、それまで開発されていなかった不利な地域や「端(はじ)」に防衛上のため家を構えた。とはいっても500~600年前のことである。

 戦の中世が終わり、近世、江戸時代は軍事上の問題は無くなり、農業を中心として暮らしをたてる。そのなかで会津藩の城都である若松の近在農家の佐瀬氏がまとめた『会津農書』は農業技術だけでなく暮らし全般の指南書でもある。それは会津域内の名主層に回覧され、冬に写本された。

 昭和村の松山集落には、名主の佐々木家が当時に写本した『会津農書』が現存する。つまり会津域内の農業技術体系をはやく入手する情報網を持っていた、ことを意味する。

 こうした進取の気風が松山にはあり、昭和村ではここでしかなしえなかった農作物が和紙製造(コウゾの栽培、紙漉)、ウルシの実からロウの採取(ろうそく造り)などである。通婚圏が玉梨・八町(金山町)であることから、行き来は相当あり、昭和村のなかでは異彩である。商品作物への取り組みが早い。

 隣接する金山町は和紙製造(紙漉)や、ロウの生産では奥会津の拠点であった。また養蚕でもそうである。

■昨日話しをうかがった松山の篤農家・栗城金一翁によれば、「金山八町の土は肥えている。桑の葉は厚くて油気(あぶらけ)があり、栄養がある。カイコ(蚕)はそれでよく育つ」という。「昔はここらでも家のまわりにタカスケという桑の木があり、それは栄養が在る葉を出す。タカスケ(をカイコに)くれっと育ちが違う、と言った」。また「田畑のほとりにある桑(クワ)が良い」という。

 五十嵐カツ婆さんは、玉梨八町から松山に嫁に来た人だ。「八町ではカイコを飼ってマユから糸を取り、絹機(きぬばた)織って、それをバンゲ(坂下)に持ってって、米と交換した」という。「はちまち(八町)はようさんどこ(養蚕所)で、しんしょう(身上、暮らし向き)は良かった」

■民族文化映像研究所の姫田忠義さんは、1980年代後半に越後奥三面の撮影の合間に、昭和村の大芦(からむし栽培)・大岐(アサ栽培)を調査、取材、記録の後、福井県の和紙の産地の記録作業を行った。その頃に「カンケくん、和紙を造る作業、コウゾやミツマタといった植物を利用する技術とカラムシやアサの利用の技術は共通しているところと、異なるところがあるが、それをよく考えよ」と言われたことを、いま考えている。

20100710dsc08676

20100710dsc08679

20100710dsc08678

20100710dsc08675

20100710rimg0594

20100710rimg0518

20100710rimg0520

20100710rimg0523

20100710rimg0532

コウゾ↑

20100710dsc08668

20100710dsc08673

↑松山集落内(左岸)の畑のほとりに残されているカラムシ。カラムシやアサ栽培も盛んであった。

« 佐藤孝雄と歩く大芦スタディツアー(2回目) | トップページ | 685 »

会津学」カテゴリの記事