September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 558 | トップページ | 集落を歩く新しい旅の開発 »

2010年7月 8日 (木曜日)

雷雨、大雨続く

■2010年7月8日(木曜日)

 午後になると発雷、大雨が未明まで続き、午前は曇り、晴れ、という繰り返しで圃場(畑、露地)はぬかるんで定植ができない状態になっている。冬に雪の上を歩くための細竹(地竹)を輪に組んだカンジキを履いて畑に入り定植する作業が続く。山野は、水びたしで、保水力はもう限界で、雨がふればすぐ沢に水が流下してくる。こうした状態で洪水が起きた(昭和44年8月)。

 かすみ草の開花は、遅れていたまま経過しているが、ほぼ全員の出荷が出そろう時期になって、今朝6時より各地域のデポ(一時集荷所)で目揃え会を行う。各デポ→雪室→出庫。

 国道400号通行止め(金山町玉梨スノーシェッド)の影響で、昨日午後に昭和村で説明会があり、それを各社が取材し昨夕の県内ニュース枠で報道された。

 昨年と大きく変更してエルフ、レンタル箱の地域分担を変えることとした。

■6月下旬からの毎日の雨のなかの高湿度の地域でのかすみ草の染色作業はむずかしい。色が薄いというクレームも多くあり、七夕納品(7月5日)を最後に受注を控え、一般販売向けも抑制している。産地訪問し、染めの技術枠の理解のある顧客に支えられている。明日(9日午前10時)も、産地訪問がある。フェアを控えた売場の担当者らが来村される。

■7月2日~7日まで大田市場 中央花卉店頭で開催された七夕かすみ草フェア(8年目)も、無事終了した、と中谷さんから連絡があった。

 5日の中央花きの店頭写真が、7月7日(水)の福島民報新聞7面に掲載された(カラー写真、5段記事)。「特産のカスミソウPR 昭和村 花き研究会 都内でフェア」

 → 本名敬君のブログ

 昭和花き研究会では環境負荷低減プログラムMPSに参加したり、品種転換を進め、また染め色かすみ草の開発・販促など、10年間のカスミソウフェア(七夕フェア)などに取り組み、昨年(2009年)より7月期出荷数の減産(2008年の3割減反)を行い、出荷量を減数することで7月期の大量出荷時期(採算割れの低迷価格)を迎えている。

 2010年6月、7月は、これまで経験したことのない安値(採算割れ価格)での販売が続いている。高冷地産地は暖地とのリレー出荷は不可能となり、暖地産地による周年出荷となる。

■7月10日午前、昭和村大芦の佐藤孝雄君(大芦家)が主催して第2回目のスタディツアー(大芦集落の史跡めぐり)を開催し、6月に続き案内にたちます。→大芦家

 →大芦の野生のアカソ(赤麻)繊維取り

■地域の基層文化を考えるときに、栽培植物ではない野生の自生植物の利用(植生・採取時期・加工技術・保存技術)や見立てがあること(有毒、無毒、薬効)。食べる、糸にする、暮らしのなかでの利用のディティールを良くみていくと、そうした基層文化(技術)のうえに、栽培植物の文化が乗っているということがわかる。

 7月4日(日)夕方、都内ビッグサイトでの展示会(花キューピットJFTDのフラワードリーム)で、生き物文化誌学会『ビオストーリー12号』(2009年12月発行、誠文堂新光社)では、巻頭で「自然、ヒト、文化」として山田康之さんが書いている。

 すべての生き物は、自然の中に在って自分の命を保つことができるというより、自然の恵の内に生き物が生まれ、進化してきたといったほうがよりよいだろう。(略)文化は一般的には、人が長年にわたって形成してきた慣習や振舞いの体系とされている。そこにはヒトの脳の発達と共に情緒・感情が生まれ、自然の中で他の生き物と共存する心が発達してきた。

■前掲書は「布、生き物からの贈りもの」が特集で、奥会津昭和村で細々と栽培が継続されているカラムシ(青麻、青苧)の歴史的文化的位置も明確になっている。

 昭和村では7月17日、18日が旬のカラムシとカスミソウの公開日となっていて、「からむし織りの里フェア」が開催される。カラムシやカスミソウの圃場視察会などがある。

 → 昭和村役場

■昭和村(古層は野尻郷)におけるカラムシやアサの生産が継続されてきた意味は、選ばれた人ではない普通の村人がその技術や文化、見立てを継承してきたところにある。それは自然のなかで暮らす生活技術が失われずに、村人が野山と交渉を継続してきた基層文化が保たれているから、その上層に栽培植物の文化が成立している。上層にあると思われる文化はとても脆弱であり、そのためには基層文化の見直しと継承がまず必要である。選ばれた人だけが行う生産というのは持続しない。(菅家博昭)

20100707cxalrimg0085

20100707cxalrimg0100

20100707cxalrimg0104

↑アルタイルのつぼみ、↓フォレストのつぼみ(カスミソウ) 形状が異なる。

20100707cxfrimg0065

 

 

« 558 | トップページ | 集落を歩く新しい旅の開発 »

花と農業」カテゴリの記事