September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 大芦で歩く | トップページ | 7月の計画減産 低温遅れもあり7月15日までの出荷数は63% »

2010年7月14日 (水曜日)

441

■2010年7月14日(水)雨。大岐の鎮守祭礼。村休み。

 本日の販売数:441箱 (1:164,2:104,3:152,4:21)

 7月12日(月)の単価 80cm110~130円(白)、60cmは受注のみ対応。

■7月14日に国道401号、博士峠の待避所看板設置が行われた。また電光掲示板もかすみ草輸送。国道400号玉梨通行止めの迂回路が401号。迂回路の整備が重要なのに、ここまで70日ほどかかった。

20100714cxrimg0055

20100714dsc08861

20100714dsc08866

20100714dsc08865

20100714dsc08856

20100714dsc08855

■ 価格保証(補助)があるため、従来の7月越冬株季咲き出荷数を変えず、価格低下するほど生産者向け補填が行われる政策構造となっている。そのため手取り利益確保のため苗価格の安い雪系での作付体系が増え、品種転換ができない(雪系作付が2010年は増加)。社会変化に対応するのがマネジメントの要諦であるが、補助金政策は、社会の要請から対策が乖離する現況となっている。野菜の主産地形成のように現地廃棄がおこなわれない花は、出荷して相場を暴落させてはじめて補填される仕組みで、産地がつぶれされる政策被害である。本来、災害や万が一のための政策が、低価格が日常になっているなかで行われる価格補填は誤りであり事業仕分けの対象である。

« 大芦で歩く | トップページ | 7月の計画減産 低温遅れもあり7月15日までの出荷数は63% »

かすみ草2010年」カテゴリの記事