September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 七夕かすみ草フェア 明日(4日)まで | トップページ | 7月5日(月)大田市場・中央花卉店頭 »

2010年7月 4日 (日曜日)

フェア2年目 森からの伝言

■福島県昭和村は会津地方に所属している。その中心都市が会津若松市。昨年7月上旬に続き、会津若松市の量販店でのフェアは2年目となった。

   →7月4日 福島民報3面全県版 PDF

 午後に通り雨があり、大雨で昨年と状況が異なるが、昨年来店された方の再来店が多かった。昨年購入した染め色かすみ草はドライフラワーになってまだきれいに咲いている、というお客様もたくさんいました。購入された方に、ていねいにひとりひとりに商品説明をして、つぼみは白で咲いてくることなど、そして品質保持剤とチラシを手渡しする。2日間で300~400人に、ていねいにお話をうかがう。

  昨年は大阪のクリザールの「フラワーフード小袋」を協賛いただきかすみ草購入者に無償配布。今年は横浜のパレス化学(担当、森さん)の協賛で「華の精」小袋を無償配布しています。これら花瓶に入れる品質保持剤は、塩素殺菌された水道水で希釈して使うことで、抗菌・加糖によりかすみ草の花持ち延長が実現されます。お花を生かすのは購入されたお客様自身であることをお伝えすることが無償配布の目的です。日持ち保証販売などについてもお客様のお花の取扱方をきちんと伝えることが目的で、そうしたていねいな花への向き合い方を口頭と資料配付で伝えることで、顧客創造の手段として行うためのものです。

■原体を花桶に10本ずつ並べ、パックせずに1本ずつ手売りするが、7本、12本、という大量購買者が今年の特徴だ。子どもを連れての来店も多い。立地店周囲の皆さんが来店される。

■黒いスニーカーに黒い短パン、ノースリーブの白いシャツに坊主頭の少年が母親と来店。ヒマワリ2本と染め色かすみ草を3色、彼が選んだ。ロイヤルブルー、ピンク、メロン色。これから奥会津の「タキヤのおじいちゃんのところに行くから」花を買いに来たのだ、という。滝谷は私たちの大岐集落の前を北流する川の下流の拠点集落で山ノ内一党の山城が中世にあったところ。川の由来になっている集落。

 できたばかりの「奥会津かすみ草通信1号」(A5・両面カラー印刷、2折)を2枚、彼に手渡した。一部はおじいちゃんに渡してくれるよう伝えた。表紙は滝谷川の源流・博士山のブナの樹の写真「森が育てたかすみ草」。

 クラフト紙につつまれた花をたいせつに両手で持って花売場を出て行った。

■就学前のちいさな女の子も、若い両親と買い物にきて、自分で選んだロイヤルブルー、メロン、ブルーを選んで、背丈と同じくらいの染め色かすみ草を自分でレジまで持って、歩いていった。

■花売場前を通過していくこどもたちは男女を問わず、「わあ、きれい」と感じたことを、抑制せずに話す。そうした声が聞こえるのが、今年の特徴。

■YBのSV中川さんから、6月25日に昭和村のかすみ草圃場等を視察に来られた郡山市内T店の花売場のKさんの、来村レポートを手渡され拝見した。克明に記録が写真とともにまとめられていた。

■福島民報社の取材を南福島店で本名敬副会長が受けました。一箕町店では河北新報の取材を私が受けました。趣旨と目的、世界の花の販売のなかで、地域で花を生活のなかに生かすための将来展望を伝えました(パブリシティ)。プレスリリースは昭和花き研究会が所属している昭和村花き振興協議会の事務局(昭和村役場産業建設課 上杉さん)が行っています。

 金山普及所の長谷川浩さんらと、生産者チームは17時30分に売場を離れ、博士峠を越えて帰宅しました。市場チームは分散解散、YBの担当者らは遅くまで販売されたようです。クリザールジャパンの山口さん、インパック仙台の渡辺さん薗田さん、ありがとうございました。

 20時より、父母が採花し葉取り・選別・結束してある21世紀系かすみ草を、次の染色作業をはじめました。八王子の日本フラワー(阿部憲資さん)、小田急フローリスト全店等での七夕かすみ草フェアに納品します。5日発送。

20100703dsc08325

20100703dsc08361

20100703dsc08346

20100703dsc08357

20100703dsc08360

20100703dsc08114

« 七夕かすみ草フェア 明日(4日)まで | トップページ | 7月5日(月)大田市場・中央花卉店頭 »

かすみ草2010年」カテゴリの記事