September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 新かすみ草:フォレスト開花 | トップページ | 曙光 »

2010年8月 3日 (火曜日)

ホヤクリ HOYAKURI

■菅家清一談(8月3日午後)。

 炭焼きじゅうは、おもっしぇえがら。

 一回きり違うだ。

 一回ぎりうまくいかねえだ。

 炭にして良いのはここら(大岐)ではナラ(楢)だ。

 良い炭っちゅうのは、硬くできる。使ってみて長持ちする炭が良い。そのため、長持ちするようには、硬く焼く。炭窯のなかの温度をうんとあげっと、木が締まる。800度とか、1100度とか、1300度とか、そのかわり硬く締まっと出る炭の量は少なくなる。普通30俵でっとこ、27俵とかになる。ホヤクリってゆう。アク(灰)になる。

 炭焼きはやってみっと難しいだ。一回きり違うからな。だからおもっしぇえだわい。

■ウセクチのたつ畑のカラムシを挽くのは難しい。1本から2枚カラムシ繊維を剥ぐが、その性質がすべて違う。そのため挽く心構え、技法が毎回問われる。逆に言えば、挽きやすく、個性なく育てることが畑での栽培技術となる。剥いだカラムシを挽くときにさらに金具で剥ぐ外皮をソヒSOHI(粗皮)、あるいはソヒカワと呼ぶ。

20100803rimg0586_2

« 新かすみ草:フォレスト開花 | トップページ | 曙光 »

会津学」カテゴリの記事