September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 福島県内 YB 2店 かすみ草フェア | トップページ | 福島県伊達市 »

2010年8月 1日 (日曜日)

記憶の夏をつなぐ花の色

■2010年8月1日(日曜日)

 これから昭和村から染め色かすみ草を積んで、福島市北部の伊達市に。昨日予想以上の販売で補充する。

■7月31日(土)は2班に分かれ、伊達市班、いわき市班でかすみ草フェアを開催した。私はいわき市。朝5時に昭和村を出て9時過ぎに会場のいわき市鹿島ショッピングセンター・エブリアに到着、先に開成生花林社長とYBの小林SV、店長が売場の設営を行っていた。午前10時開店、午後より来店客が多くなり盛会で、予定数は終了し、午後5時30分頃に会場を出て、午後10時に昭和村に帰着。今日(1日)は、商品が不足している伊達市に昭和村からかすみ草を運搬していく。

■今回は、村役場(花振興協議会)からプレスリリースしたパブリシティが効果的であった。福島県内2紙(民報、民友)に催事掲載があり、来客が増加した。てもとにある、

 福島民報は4面県内・総合面で3段記事に写真付きで掲載された(きょう、あすカスミソウフェア。伊達といわき 昭和産販売)。

 また両店とも現場の開催の取材も受けた。

■いわき市のYBエブリア店では、大田花き田中薫さん、開成生花林社長、YB福田店長、小林SV、大滝さんら売場スタッフ、昭和花き研究会赤木洋子さん。3月まで金山普及所にいた佐藤充さん、インパックの渡辺さん・薗田さんもかけつけてくれた。

■伊達店では、あさかのフレッシュの五十嵐部長、開成生花近藤君、昭和花き研究会の菅家(ま)、上杉さんらが販売を担当した。

■いわき市の店頭で来客のなかに、昨年10月はじめ、この売場で、母親が、染め色かすみ草を購入されたという息子さん夫婦が来店された。そのかすみ草がドライフラワーになって自宅にある、という。今日は、母が好きだった、昭和村の染め色かすみ草を買うために来店された、という。詳しくお話をうかがうと、今年春にその母親が83歳で亡くなったのだ、という。だけれども、母に代わって来店された、という。いわき市から昭和村の蕎麦を食べによく行く、のだという。カラムシ織りも知っているそうだ。母親の好きだった染め色かすみ草を求め家に飾る、という。

 赤木さんが接客された20代はじめの男性は、店頭を見て、「紫色の花は祖母が好きだった」ことを思い出し、自宅に持ち帰る、ということで、ラベンダー色のカスミソウを6本購入された(3本2組)。

■いわき市では若い人から高齢の方まで、とても幅広い年齢層、男性・女性を問わず購買いただいた。土曜日でもあり、家族、友人との来場である。購買者の服装や持ち物の色と同じ色を購買されている。また花柄をあしらったカバンや上衣の方が、花を購入される率が高かった。衣類や装飾関係の専門店が多数入場する大型複合店舗でもあり、花をはじめて購入される方がとても多い。購入された一人一人にフラワーフードをお渡しし、その使用の仕方を説明しフライヤーをお渡しした。昨年のフェアではクリザール社の協力で無償配布、今年はパレス化学の協力で華の精の小袋を無償配布している。また昨年、他小売店フェアではフジ日本精糖の協力でキープフラワーを配布した。

 かすみ草は花瓶に塩素殺菌された水道水に品質保持剤(フラワーフード、花の精等)を入れると、つぼみが開花する。

■その小売店が日常的に販売している消費者用の品質保持剤の銘柄を、製造会社に依頼し協力をお願いしました。

■大田花きの本社の田中薫さんは昭和花き研究会が大田花きにかすみ草を出荷を開始したときの販売担当者です。部署が代わられてからお会いする機会が減りましたが、今回、終日、先頭にたって接客販売をしていただきました。感謝します。

20100731dsc09836

20100731dsc09840

20100731dsc09864

20100731dsc09877

20100731dsc09930

20100731dsc09927

20100731dsc09914

20100731dsc09847

 

« 福島県内 YB 2店 かすみ草フェア | トップページ | 福島県伊達市 »

かすみ草2010年」カテゴリの記事