September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 222 | トップページ | 1788、天明八年 野尻組 »

2010年8月 3日 (火曜日)

人が残す歌:1990年のフォレスト

■7月のNHKラジオにCWニコル氏が出演していた。隣町・田島町での講演会後、針生のログハウスで交流会があり、なかよしバンドの佐藤孝雄氏と参加したことがある。ニコル氏の前で演奏した。彼の関与しているケルト音楽団とジョイントしましょう、と世辞を言われた。前・湯田町長が田島町長になる前に、その会合ではじめてお会いした。

■『FOREST』(徳間書院、1990年10月31日初版刊)は、新刊11月2日に購入しているから、たぶん、いまは無くなってしまった会津若松市内の書店・宝文館で求めたものだと思う。徳間書店の『アニメージュ』に1989年から1年間連載されたエッセイを単行本にしたものが、本書『フォレスト(森)』である。

■60ページから「人が残す歌」ということを書いている。

 北極圏に暮らす、お年寄りのイヌイットのシャーマンは、「あとに歌を残していかない限り、人は死ぬことはできないのだよ」と。今になって私には確信がわく。あの時彼は私を使って、自分の古い歌の数々をあとに残していこうとしたのだ。

■45ページ。沖縄に見るように、島にどんどん観光客を送り込み、地域の水資源のことを考慮せずに、シャワーだとか風呂だとか水洗トイレだとかいった近代設備の供給に狂奔していればどうなるか。山々や森が壊滅するのを待たずして、その地域は社会的、環境的、そして最終的には経済的な破滅のはじまりを見ることになろう。

 なぜ、人々が沖縄に来たがるのかということだ。なぜ来たがるかって?もちろん、この島の美しい、豊富な自然のためではないか。

■昭和56年、57年と奥会津の昭和村俳句会・短歌会は冊子『つむぎ』を発刊している。俳句・短歌集の題は、アサ織りやカラムシ生産の地域である、ということを意味している。植物の繊維を裂き、結び、糸にする最終工程が「つむぎ」である。道具(オツムギワク)を使う。

 昭和57(1982)年の『つむぎ』には、大岐の東にある奈良布(もとは楢布原とよぶ茅場であった。戦後の開拓で名称を変えた)の、故・渡辺カツ子さんが「家族」という題で10首、暮らしの想いを残している。満州開拓団として渡海し、敗戦で帰国、そしてまた楢布原の開墾に従事した。

 取るも惜し 生けてもみたき牡丹なり 初花生けて 来客を待つ

 東京の四歳の孫 おばあちゃん、蛙ほしいと 電話にていう

 一鍬毎に起こせし畠 荒れ果てぬ 入植偲び げんのしょうこをとりぬ

 六十路して 農捨てがたく 乾燥機買って 安堵す 減反の世に

■同じ号に小野川の渡辺クマヨさんは、「雑詠」として

 今年だけでタバコ作りも終わりかと 何か淋しく 荷造り終わる

 1985年に日本専売公社がJT日本たばこ産業に改組。その際、奥会津一帯、昭和村は廃作指定地となり30余年の葉たばこ栽培が強制的にほぼ終えることになった。政府による80年代の、国鉄のJRへの民営化、電電公社はNTT、その同じなかにJTへの移行があり、昭和村では80年代に葉たばこが栽培できなくなることから、福島県により切り花栽培への転換をはかり当時はグラジオラスやリンドウ、アスター、オミナエシ等であったが、カスミソウに転換することになる。1984年に昭和花き研究会も、農協生産部会も生まれている。あれから30年になる。

 20100802rimg0542

20100802rimg0538

20100802rimg0539

« 222 | トップページ | 1788、天明八年 野尻組 »

会津学」カテゴリの記事