September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 100日 | トップページ | ひさしぶりの雨(雷雨) »

2010年8月24日 (火曜日)

試作種 各地で開花

■2010年8月24日(火曜日)

 かすみ草の現地試作の開花が続いている。会津盆地の菊地さん、カネコ種苗の品種。昭和花き研究会も岩下圃場で試作しているが高温にて短茎開花(特にエアリーシャワー)、高温障害(ラテ・団子花等)で出荷できていません。フィオレーロは未開花→高尾嶺農園

 北海道も10~14日の前進開花 → 当別の井野農園

 福島県奥会津昭和村、矢ノ原高原 → 本名敬君

■昨日、福岡花市場のかすみ草販売担当の小川氏と電話で話したのですが、昭和花き研究会(例年にない高温の奥会津)も2週間以上の前進開花(短幹開花)で、数量少なくなる予定で、羽田空港からの送り卸市場は9月29日で最終予定と伝える。10月は東北・関東主体で終了まで、と考えている。出荷箱数ではなく出荷本数で考えていただく(80cmが70cmで開花すると出荷箱数入り数の関係から、出荷箱数ベースで3割、出荷箱数は減数する)。箱数換算で仕入れていると、入荷減が続く。

■ドイツ国のセレクタ・クレム社のリチャード氏からの電子メールによれば、CV405は「銀河」という名称にしたようだ。昭和花き研究会は大田花きに同社の3種の新かすみ草を、8月20日より試作出荷している。

 CV405(パール銀河):80cm、花数はミヨシのアルタイルより多く、花の形状はドーム状八重咲き純白。質感はスミカのベールスターに似ている。茎はアルタイルのように硬直化せず、側枝も乱れない。ハンドリングは良い。

 パール・セレブレイション(PC):80cmは確保されるが、栽培環境により70cm。アルタイルのように側枝硬直化せず、しなやかさがありハンドリングは良い。枝折れしない。405とともにスリービング作業は容易。アルタイルはスリーブに1本パックで枝硬直し入らない。

 パール・ブロッサム(PB):前記2種と比較すると1週間ほど晩生、遅れて開花。その分、草丈確保は容易。主茎・側枝とも剛直で、10本束にできず5本束。ボリュームはかすみ草中最大。茎色は前2種が淡緑色なのに比し、ブロッサムは暗緑色。点滴かん水で液肥後半まで補給するような栽培環境・作型で生きる品種。昭和花き研究会は露地雨除け栽培が原則(無かん水)。前2種は使用可能と判断。

 → 昭和花き研究会での試作開花

 2010年3月に、セレクタ・クレム社、大田花き、昭和花き研究会との協議のなかで、大田花きのみに出荷している。詳細は、松永(剛)担当と、中央花き(中谷さん)等に。3品種は、大田花きショーケース展示中。販売開始とともに、品種の25度の花持ち試験(ベイズライフ・テスト vaselife)も試験機関にて、実施中。セレクタ・クレム社のかすみ草の新品種は昨年度は群馬県のカネコ種苗(徳弘さん)が日本国内での試作等を担当していたが、新年度は契約が更新されず、種苗輸入は広島県の美香園が担当した。

■アルタイルの時代になって夏作産地は短茎・剛直・枝折れ(ハンドリング難)を抱えている。一方で伸びるためには晩生種(到花日数が多くなり、結果として10cmほど伸びる)か、アルタイルLG(ロング)、ベール系ロングを使用するがそれは側枝が軟らかくなる欠点がある。

 一方でアルタイルのテイストで、伸びて80cm(2Lサイズ)が確保でき、夏作でもしなやかで、ハンドリングが良いものは、キリンが発売した時代のファンタイム、スミカの新かすみ草のベールスター、そしてドイツ・セレクタ・クレム社のパール・セレブレイション(PC)やCV405(パール・ギンガ PG)等である。

 昭和花き研究会が現在専属で生産しているスミカのフォレストは晩生種なので草丈が確保でき、ハンドリングもよくしなやか、頂部の花数は夏作品種中最多、花持ちは14日間と最多。ただ冬季作は低日照でロゼット。高冷地の夏作の10月期は開花遅延、剛直化する。7月から9月末までの高冷地作型に向いている。

« 100日 | トップページ | ひさしぶりの雨(雷雨) »

かすみ草2010年」カテゴリの記事