September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 9月26日(日)午前6時〜6時30分 目揃え会 | トップページ | ツイッター異変(マウスオーバー) »

2010年9月22日 (水曜日)

10周年企画展「からむし畑」、1858年青苧仕法書上

■2010年9月22日(水)

 21日は雨。24日(金)納品の染めかすみ草の欠品・生産者への染め手配にたいへん苦労した。そもそも80cmのかすみ草が少ない。雨で空中湿度が高いため、染まらない。葬儀が3件あり生産者が家にいない、、、、、

■21日14時より野尻中向(のじりなかむかい)の花き集出荷所(いわゆる「ゆきむろ(雪室)」)で花の事務局会議が開催された。なお、それに先立つ13時過ぎから、佐倉にある「からむし工芸博物館」の企画展を見た。

 からむし工芸博物館10周年記念特別企画展「からむし畑 昭和村のからむしはなぜ美しい」は、9月17日から11月14日まで開催されている。主催は昭和村教育委員会からむし工芸博物館。担当の平田尚子さん(もと織姫体験生)は、からむしの現場を、ていねいに、時間をかけてよく調べている。また関連する古文書類も写しなどを展示している。

 これまで現代の筆写が存在していたが、はじめて原本(写し)が確認されたのが、安政五年(1858)に松山村(現在の昭和村大字松山)の佐々木志摩之助が書いた「青苧(あおそ・からむしのこと)仕法書上」という近世江戸時代のカラムシ栽培の手引き書で、ほぼ現在に伝わる内容と同じであることを証左している。喜多方市立図書館蔵で、喜多方市教育委員会の協力で原本が確認された。

 この仕法書上は、『被仰出候廉書覚』というなかに記録されており、この書物自体の解読が必要になっている。当時の会津藩の郡役所日向源蔵へ提出する文書のメモ(写し)である。

 『会津歴史年表』(151ページに掲載、歴史春秋社刊)によれば安政五年一月二十一日、会津藩は産物役所を廃止し、郡役所に統合する(福島県史出典)。この新装なる郡役所に提出する産物報告書のなかに青苧(からむし)が野尻村から報告されていることがわかる。明治二十二年(1889)に大芦村初代村長となる五十嵐伊之重(いのじゅう)がこの安政五年(1858)七月に、生まれている。38歳の伊之重村長は、明治28年末(1895)に上京し、翌明治29年からロシア帝国のグルジアのチャクワに渡りカラムシ栽培を行う大芦の五十嵐善作・ハツ夫妻を推薦、大芦村から送り出している。

■9月11日より国道400号玉梨地区の通行止めは昼間解除となり通行できます。→ 昭和村

 →からむし工芸博物館

20100921dsc02773

20100921dsc02772

 

« 9月26日(日)午前6時〜6時30分 目揃え会 | トップページ | ツイッター異変(マウスオーバー) »

会津学」カテゴリの記事