September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« オミナエシ収穫 | トップページ | 急成長する、ルルルモン »

2010年9月19日 (日曜日)

9月17日、小中津川柳沢のカヤカリ(茅刈り)

■2010年9月19日(日)前進開花で、採花するかすみ草が無くなり、本日は休日としました。6月下旬から採花・調整・出荷をはじめ3ヶ月・100日、無休でした。8月は父親が熱中症で入院・通院の日々でした。

■9月17日(金)雨の午前、昭和村小中津川の柳沢で、本名初好さん(昭和13年生)が茅刈りをしていたので、話をうかがった。四畝歩のカラムシ畑を春に焼くためのカヤ(ススキ)の調達をしている。コガヤ(カリヤス)は少なくなり、ボーガヤ(ススキ)を刈っている。左手で三つかみで1束とし1把(いっぱ)。それを3把で立てて、上に3把を重ねる。1立(ひとたて)は6把(ろっぱ)立て。これを30立(たて)、昨年(2009年)秋に刈って乾燥させ、翌春(つまりこの春5月)に、焼草(やくさ)とした。茎が太いと燃えないから根本から50cmくらいは切り捨て、残った上部のみ使った。

 4畝(アール・a)のカラムシ焼に必要なカヤは、30立。180把である、ということが明らかになった。本来はコガヤ(植物和名カリヤス)が良いがいまは少ない。

■追って不明なところは話を聞くこととしました。

■本年7月下旬、別冊恵比塵に、初好さんのカラムシ剥(は)ぎが紹介されています。昭和村大芦出身の五十嵐甚三郎さんが帰省したときの報告です。→別冊恵比塵

20100917dsc02333

20100917dsc02353

20100917dsc02334

20100917dsc02332

20100917dsc02365

収穫後に再萌芽したカラムシ畑。2番ぽき(nibann-poki)という。かつてこれも採取した時代がある。そうすると根が弱る。冬越えのための光合成を行い、根に養分を転流させ半年に及ぶ積雪に耐える。南島では年に何度も収穫できるカラムシ(苧麻)。雪国は一度の収穫。ほきる、というのは5月上旬にブナがほきた、というように萌芽を意味する。「起きる」に似た風音。

20100917dsc02375

20100917dsc02380

« オミナエシ収穫 | トップページ | 急成長する、ルルルモン »

会津学」カテゴリの記事