September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 20日ほど前進開花 | トップページ | 昭和村かすみ草フェア(福島市・郡山市YB) »

2010年9月 3日 (金曜日)

暑い夏・113と産地はショート

■気象庁がニュースを作る。9月1日に発表した1898年観測統計開始から113年のなかでいちばん暑かった夏。→気象庁

■アルタイル・ショート。かすみ草はアルタイルという品種が熊本県菊地地域で高率シェアの栽培となり、かすみ草は「雪ん子」から「アルタイル」に替わった。

 かすみ草は「ブリストル・フェアリー(BF)」という品種が1997年ころから「雪ん子」に替わり、2006年ころから「アルタイル」に転換している。これは、「中生(なかて)」品種が、「晩生(おくて)」、そして「早生(わせ)」に替わった。石油資源の高騰から冬期の加温栽培(暖房)のコストが課題となり、冬春産地が「早生」品種アルタイルに転換した。

 到花(とうか)日数は、かすみ草の場合、積算温度(おおむね毎日の平均気温の総和)で開花する。そのため「早生」品種だと夏はとても短く咲く。そのため「晩生種」の雪ん子が導入された。また高温障害を回避できる品種(集合花・団子花・着色花・奇形など)であった。

 どの品種が良いかを選択できるのは、最終消費者であるが、まだ花の場合は品種を知っている消費者は皆無であるので、B2B、仕入担当者・小売店の仕入係が「アルタイル」と指定している。これは秋に開催されるIFEX展示会(今年は7回目)で、「アルタイル・スタイル」というプロモーションを2年継続して育成会社ミヨシが生花店・仕入係向け大規模宣伝会を行ったことで日本国内の隅々の生花店主まで「アルタイルがかすみ草」という情報宣伝が行き渡った。

 四季のある日本では、いくつかの品種をつないでいかないと「気候変動」に対応できない。

 この「正常な夏」の今年の天候では、早生系かすみ草品種アルタイルは、短茎(幹)開花となることは必須で、2週間以上の前進開花で、そのため需要期に適正量が確保できない。ショートスタイルに咲く花は、実は、実需に合っている。60cmのかすみ草が求められている。しかし80cmが「建値」を作っており、生産者は80cmを目指す。仕立て本数といって1株あたり何本育成するかによって花のボリューム感が決まる。サイズよりボリューム感のほうがかすみ草には求められるが、価格は80cmを主体に決まっている。仕立て本数は80cmを目指すかたちになっているので、1株あたり4本とか、5本。60cmだけ作るなら10本仕立てなければ採算があわない。いま1株4本仕立てのかすみ草が60cm(Mサイズ)で出荷され、販売されている。

 早生系のアルタイル1品種に特化した結果が「アルタイル・ショート」、この夏のかすみ草産地(日本国内高冷地夏秋産地)の短いかすみ草しか出せない惨状になる。

■私たち昭和花き研究会が選定した、新かすみ草フォレストは晩生種である。この高温でも、きちんと草丈が確保でき、80cmと60cmの必要サイズが1株から設計本数が確保できている。

 夏場産地は、夏場の主張を、プロモーションをきちんと行っていく必要がある。単一種にすれば、結果として納品できずに顧客に迷惑をかける。

   → 会津盆地の産地の選択

   → 北海道当別

 日本における課題は「産地のビジョン」が全く無いこと。そして品種より品目のプロモーションが消費者向けに行われていないこと。育種会社もB2Bのプロモーションが行われず、生産者にだけプロモーションを行っている。新種(種苗)は、生産者に「消費」してもらえれば良い、という仕組みになっている。

 必要なことは「品種名」にまどわされずに、「花の美しさ」を理解できる能力。そのため「卸(市場)」に通い、仲卸通りで店頭を歩いているのではないのですか?

 産地は自分たちの品種を持ち、それを自らプロモーション(販売促進活動)する、ということが必要です。そして需要を喚起するためには、かすみ草という大品目で消費者にアピールする、消費者が抱えているかすみ草物語を店頭や葉書でインタビューする、ということが必要です。時代の変化にあわせるのは、品種ではなく、店頭での顧客生活者との品目自体の出会い方や家庭管理(フラワーフード)の調整の仕方にあります。

■9月6日(月)の大田市場花き部・仲卸中央花卉の店頭に新かすみ草:キングフィッシャーを販売します。

20100828dsc01435

« 20日ほど前進開花 | トップページ | 昭和村かすみ草フェア(福島市・郡山市YB) »

会津学」カテゴリの記事