September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 奥会津、大岐の近況 | トップページ | 17時、震度4 »

2010年9月29日 (水曜日)

オミナエシ採花

■2010年9月29日(水曜日)晴れ

 今日は露地栽培オミナエシを終日・採花します。

 →9月28日の福島民報1面、からむし買い取り

■昨日(9月28日)午前10時よりNHKラジオに福岡県在住の宇根豊さんが出演されていた。1時間のなかで希望した音楽はまず福岡県生まれの井上陽水の「いつのまにか少女は」、山崎ハコ、、、。

 どこで生まれ、どこで育ったのか?それが農産物で、日本人はそれを思うチカラを持っている。そしていま帰るべきふるさとは荒れ果て人が住まず、帰るべき場所を持たない時代、その人間の社会はよくない末路があると、示唆した。ふるさとを支えている農業が見直されない限り、社会は滅亡する。

 あたりまえの農村・農家の日常を、農業をこれまでの理論ではなく理論武装したい。それがなぜあるかを考える中で、他者(消費者)への説明ができるようになるから。またこどもたちには簡単に農のいとなみを伝えたい。

■社会はくさいものを遠ざけ、売れないもの、価格の低いものを遠ざける。

 たとえばオミナエシは糞(ふん)の臭いがする。しかし牧場地帯にいけば欧州であれどこであれ、動物の排泄物の臭いが充ち満ちている。写真では見えない臭いがある。

 はじめてチーズを手にしたとき、ウンチの臭い、糞の臭いがして遠くに捨てた。そうか、オミナエシはチーズの香りがする、と言えばよい。

 日本の文化的景観、慣習を支える植物は価格が安く、生産者には生産維持は、嫌われる。秋の七草、月見、、、、オミナエシは必要とされるが、必要とされていない。

 茅葺き屋根は野のススキを刈り取り乾燥させ、それを貯蔵しておき利用する。かつてススキを野に植えてカヤ畑として維持した時代も奥会津にはあった。ススキは通常「カヤ kaya」と呼ぶ。カヤヤネ(茅屋根)、茅葺き(かやぶき)。

 奥会津昭和村(かつて金山谷野尻郷)では、カヤは3種認識されていた。オギ、ボーガヤ、コガヤである。ボーガヤは屋根材、コガヤはカラムシ畑の焼草として。特にコガヤを大切にした。ボーガヤはススキである。コガヤはカリヤスkariyasuとよぶ植物で小型ススキである。ボーガヤ、コガヤは春に野に火入れなどして維持しなければならなかった。特にコガヤはいま少なくみることがない。

20100929dsc03181

« 奥会津、大岐の近況 | トップページ | 17時、震度4 »

会津学」カテゴリの記事