September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 10周年企画展「からむし畑」、1858年青苧仕法書上 | トップページ | 113年 »

2010年9月22日 (水曜日)

ツイッター異変(マウスオーバー)

■昨日、IEブラウザ等でツイッターを閲覧すると、うすいマスキングがかかり、異常が出ることがツイッター上で報告されていますが、日本版ツイッター運営会社は休暇を宣言しており、そのことが対処できない状況にあります。そのため、この現象がおきたらツイッターからログアウトすることが、推奨されています。連休明けまでツイッターの閲覧・書き込みは停止し、アクセスしないほうが安全なようです。

-----

■追記・9月22日3時59分に、以下の報告がなされています。

-----

「マウスオーバーの」問題についての全容
2010年9月22日水曜日
概要: 日本時間の9月21日午後6:54に Twitter におけるセキュリティ上の弱点に対する
悪用が30分前より発生していることを確認し、即座に問題の対応にあたりました。日本時間21日午後11時までに問題の主要因を解決し、22日午前1:15にホバーカードに関連した小規模な問題も解決が完了しました。
詳細: 昨日夜に発生したセキュリティ上の弱点を付く悪用は、クロスサイトスクリプティング (XSS) によって引き起こされる問題です。クロスサイトスクリプティングとは、危険のあるサイトから他のサイトにプログラムコードを配置する手法です。今回の場合、ユーザーが JavaScript コードを文字列としてツイートの中に設定した上でツイートを投稿し、他のユーザーのブラウザ上でその JavaScript コードを実行させようとするものでした。
先月、私たちはこの問題を発見し、パッチによって問題を修正しました。しかし、最近のアップグレードによってこの問題が再度、発生してしまいました (このアップグレードは、新しい Twitter とは関係ありません)。
日本時間の昨晩、ユーザーがこのセキュリティホールに気づき、Twitter.comにてそれを悪用しました。まず、誰かがアカウントを作成し、この問題を悪用しました。具体的には、そのツイートのリンクにユーザーがマウスオーバーすると、ツイートが異なる色に変化し、テキストを表示したポップアップ画面が表示される仕組みでした。このため、「マウスオーバーの」問題と呼ばれています。このセキュリティ上の弱点を付いた悪用は、ユーザーがリンクにマウスオーバーした時に発生しました。
他のユーザーは、もう一歩改良してユーザーが認識しないうちに勝手に元のツイートをリツイートするコードを追加しました。
この問題は、Twitter.com に影響を与えましたが、Twitter のモバイルサイト、または Twitter のモバイルアプリケーションには影響がありませんでした。この問題に関連する大部分の悪用行為は、いたずらとか宣伝行為の範疇になると考えています。タイムラインにおかしなリツイートを目にする機会がまだあるかもしれません。しかし、これに関連する問題でコンピューターやアカウントに対して危害を加えるようなことはありません。そして、パスワードを変更する必要もありません。なぜなら、この問題によってユーザーのアカウント情報を乗っ取られるようなことはなかったからです。
私たちは、この問題が発覚したとき、素早く問題を解決することだけではなく、脆弱性の可能性も特定することにも注意を払いました。この問題は、現在、解決済みです。この問題に直面したユーザーのみなさまには心よりお詫び申し上げます。

« 10周年企画展「からむし畑」、1858年青苧仕法書上 | トップページ | 113年 »

トウィッターtwitter」カテゴリの記事