September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 1208 | トップページ | 花でふるさとを生ける(花匠 前野博紀) »

2010年10月 9日 (土曜日)

少年教室10/23

■2010年10月9日(土)雨に

 依頼があり10月23日(土)10〜12時、昭和村公民館主催「少年教室 村内探検 昭和村の文化財を歩こう(下中津川編)」の案内をすることになった。内容は役場前集合で地区内を歩き最後にお寺で座禅体験。

 昨日の福島民友新聞には、産業廃棄物590トンを磐梯町域に不法投棄したため、福島地検に9月に起訴され、滝谷建設・マルト建設・海老名建設は政府(東北地方整備局)から一か月間の指名停止に。滝谷建設は、2003年に一度倒産している。朝日新聞(有料検索)9月13日、16日にも記事掲載。→10月7日 国土交通省 記者発表

 →小名浜漁協破産

 →米価下落

 10月9〜11日→大内宿混雑予想 3時間待ち(7〜12km)

■昨日来村された→ ちばっち農園(喜多方市)

 → 高尾嶺農園  →立川さん    →渥美半島アルタイル開花  →大分県はんだこうげん →北海道井野農園

■10月11日(月)の、昭和花き研究会 かすみ草販売数195箱

20101011hako

20100930some1_2 

20100930kasumi1_2

■昨日の役員会で、9月末までのかすみ草品種別販売実績と栽培難易度、品種加工適応度(染め)、60cm発生率、顧客要望度等と産地としてのビジョンを総合して、2011年は品種を絞り込むことになった。品種選定は気候変動に対応し継続納品を可能とする平準化出荷(需要期にはきちんと出荷納品)技術・計画が不随する。経営上は採花ロスを無くすることで80cm・60cm同時採花できる品種で、育成管理本数は減数し苗代金を抑制。つまり伸びる品種、気候変動リスクに対応できる中生種。早生・晩生はそれぞれに高温・低温で出荷時期が適応しない。25度Cでの花持ち試験では2週間持つ品種。

 フォレスト(森が育てたかすみ草でプロモーションをすすめる。10月咲きは低温ロゼットで難があり7〜9月期、80cm・60cm同時対応型。中晩生)

 ベールスター(中生種で10月期も良い。2010年は高温障害による団子花が発生しており栽培技法は、考慮する。ベール系では早生系ではないため、10cmほど多く伸びる。1本パック加工に向いている)。

 アルタイル(早生、顧客、一部卸市場から品種指定受注がある。栽培は難があり、必要時期に開花する技術が難しい。短茎、株当たり立ち上がり本数も少ない。2度摘心栽培)。

 新品種試作の結果はセレクタ社のパール・セレブレイション(60cm確保可能)、銀河(80cmのみ、60cmは採れない)を採用。現在国内に出回っている品種のなかでは、かつてキリンのファンタイムに似て枝がしなやかで折れない。出荷容器での枝折れロスが全く無い。ハンドリングの点で優位。取扱で似た印象はしなやかさで、雪系、ホワイトフェアリー、ポラリス。全体印象はアルタイル・ベール系。大田花きのみの出荷。来日する関係者と、10月20日午後に大田花きにて実績検討会が開催され菅家も出席する。通訳は海下展也さん。

 個人の圃場立地条件にあわせ品種は自由に選択できるが、フォレスト・ベールスター・アルタイルを昭和花き研究会の推奨品種として10月19日の昭和花き研究会総会に提案する。

« 1208 | トップページ | 花でふるさとを生ける(花匠 前野博紀) »

会津学」カテゴリの記事