September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 2010年10月1日、大芦家開店の日 | トップページ | 最終フェア終了 »

2010年10月 2日 (土曜日)

萱場(茅場、茅刈場)の位置

■2010年10月2日(土)今日は朝5時30分大岐発、3名の関係者を乗せて舟鼻峠、新甲子トンネルから白河市のメガステージ白河(YB)に行き、今季最終のかすみ草店頭販売。会津と白河の間が震源の天栄地震(震源地は震度5弱)はいまだ続いている。震度1~3の揺れが昭和村でも続く。

 昨夜は、カヤ(茅・萱)について考えていて隣町の金山史談会が平成9年度に発刊した『金山史談』第8号(平成10年3月刊、1998年)の渡邊良三先生の記述を眠くなるまでの間、布団のなかで、「江戸時代の家作普請の記録について」を読んだ。

■10月1日(金)晴れ。境の沢圃場(道下2,4,6号ハウス)のフラワーネットをはずし来年使うようにたたみ、ネットを支えていた鉄製パイプの支柱(直径φ18mm、長さ110cmほど、先端は尖る)を引き抜き、パイプ内にたまった水を出して、ハウス外の脇に来年使用しやすいように置いた。これから降る雪の重みで曲がるため、平らな地面を選んで横に寝せ、パイプ開口部から水が入らないよう、考慮して置く。その後、1棟(2号ハウス)のパイプハウスを解体した。φ22mmのハウス両端の妻部パイプを解体し、肩部のパイプ(長さ3間)を止めているジョイントをはずし、アーチ部脚もとハウス内部側に置く。その後、屋根を構成するアーチ部のパイプを引き抜き、最後に天(屋根)の中心をつないでいる直管をはずす。いずれも畑の地面に寝せるが、雪の重みで曲がらないよう置き方には考慮する。

 11時に、父母を乗せて喰丸トンネル(国道401号)から赤坂経由で小矢ノ原(日常雑器を焼いている三笑窯、赤玉土、きのこ園、昭和の森キャンプ場等がある)、大芦集落に。大芦集落の北端の赤田(田中)の佐藤孝雄氏が、鎮守前の中組地区の金子茂太郎(孝雄氏妻浩子さんの実家)敷地内に本日開店した「ファーマーズ・カフェ大芦家 ooashi-ya おおあしや」に行く。かけそば、を食し混み始めたので11時50分に店を出た。入店した時、カウンターには4名来客がおり、その一人は千葉県の九十九里、一の宮からかけつけた松山誠さんであった。帰路、大岐にまわられ午後2時ころまで。

 晴天で、村内ではコンバインという機械による稲刈りが進んでいる。しかし、まだネリ(稲架、はざ)にバインダーで刈り取った稲束を架けて自然乾燥する人も多い。

  → 大芦家(福島県昭和村大芦)

  → 佐藤孝雄氏ツイッター

■大芦家開店の朝、浩子さんは大芦集落に開店を告げるチラシを配布した、という。忙しい一日だったようだ。5時38分に本日開店しますという記事が自らのブログに掲載され、20時台にようやくツイッターで「満員御礼」の記事が投稿され、21時34分にブログに記事が投稿されている。

■大芦家に、私たちが入店してから、2巡目のお客様が入られ、その一人の方(Tさん、昭和13年生まれ)に、その方が暮らす昭和村内の集落の、かつてのカヤ場の話しを聞いた。

 茅場(カヤカリバと表現された)は2カ所有り、いずれも春に焼きコガヤ(小茅、標準植物和名カリヤス)を秋に採取した。ダイブツ(大仏山)のタカサグラと呼ぶ野は、やまのくちの鎌揃えがあった。入り口付近はボーガヤ(棒萱、標準植物和名ススキ)が生えていた。

 集落南方丘陵の松平から入ってカミヤマの方に行くところに集水枠のボックスコルゲートがある付近から、コエダ(越田)と呼ぶカヤカリバはおらい(我が家)など3人で利用しており、コガヤがおも(主)だった。オラ(私)、学校(小学校)でった頃にあさぎ(朝)暗いうちから母親と草刈りに行った。

 茅は家の冬囲いに使うから無くてはならない草だった。

 いま公社造林で杉などが植えられたり、一方は手柴のような木が生えた状態になってコガヤなど無くなっている。

■大芦家からの帰途の自動車中で、同席した我が父母(昭和7年、8年生まれ)は、我が大字小野川地区の茅場(かやば)について語っていた。

 岩山(岩下)の南上流側はユワノワキ(岩の脇)と呼び、そこは「カッチキ」を大字全部で刈った場所だった。やまのくちのかまぞろえで、小野川の一人の人が鎌を忘れた、というのでその人が家に戻って鎌を取ってくるまでみな一時間ほど待っていた、という話しが残っている。

 カッチキは江戸時代からの農業技術では、刈敷と表現されている。広葉樹の新梢・枝(萌えた枝)を刈り、生のまま水田等に入れる緑肥のことである。やまのくちとは採取制限の解禁日で、該当者全員が植物を刈る道具と方法、区域、一家あたり参加人数等が決められ、決められた時間で取得する。鎌揃え、という。

 小野川の茅場(カヤバ)は、上流の見沢の里沢、博士峠の水芭蕉の杜の付近(イテエド、板宿)、小野川集落対岸西手のオオヒラ、喰丸峠筋のチジッパラ(新編会津風土記野尻組小野川村の項に、辻原は秣場(まぐさば)と表記されている)。

 父・清一(せいいち)によれば「チジッパラは、かったて」や、、、という。刈立とは、冬に家の馬に食べされあるいは踏ませ堆肥とするための乾燥草。

■10月7日(木)の夜に、「植物が支えた社会~カヤ(茅・萱 カリヤス・ススキ類)の利用」について、20代の研究者の柏春菜さん(富山県出身)を迎え、会合を持つ予定でいます。場所は未定です(19時より21時、大芦家で、と考えています。参加費無料。主催会津学研究会菅家博昭)。

■ススキはカヤと呼ばれ屋根材(萱)、馬の食草、堆肥などに使用されました。焼いた炭を入れる容器「スゴ」編みの材にもなりました。一部では、たとえば小野川では、カヤは森林内に人為的に植えられ、カヤばたけ(萱畑)としている場合や、畑と森林の境界を萱畑として維持し、採草しています(昭和村の隣、南郷村ではコサバ(故塞場)と呼ぶバッファー(緩衝地帯)を維持している。

 ススキは昭和村ではボーガヤ(棒萱)とよんでいます。またカラムシの焼き草などに使うコガヤ(小茅)は異なる植物でカリヤス類をさし、それは特別な管理をしていたと思われます。集落による共同利用で、春の山焼きでカヤバを維持し、秋にやまのくち(採取規制・制限)で採取する、事例が多く聞かれます。秋に刈り取り、立てて乾燥させ、冬前から春先にソリ等で集落内に運搬し、建屋の冬囲いに使い、それを馬小屋内に、あるいは肥料としたものは畑に、春先のカラムシ畑(苧麻、青苧、青麻)の焼畑の焼き草としています。ボーガヤで畑の垣を結い、コガヤとボーガヤ分けて、うまく暮らしのなかで利用しています。

 集落の共有地のカヤバ、春の山焼きは、広葉樹林の尾根部に雪が残っている時期に、雪融けして乾燥したカヤバ(野)枯れ草を焼くのですが、集落総出による「くっつけぱなし」という放任焼き方で、斜面の下の草に火を付け、そのままにする、という山焼き技法です。しかし地形や時期を選び、尾根に雪があるため、尾根を越して火が燃え広がらないようになります。が、しかし時に燃えてしまうことがあったようです。数日間から1週間ほど燃えていた、といいます。

 通常みられるススキ、ボーガヤは家の屋根材として重要で、かや(萱)。どこでも手に入る、という印象があります。そしてカラムシの畑に掛ける焼き草として重要なカリヤスはコガヤ(小茅)として、貴重で人々の手入れ(春の山焼き・くっつけぱなし)により共同利用・管理されているようです。いまコガヤは無くなった、と誰もがいいます。太く長く硬いボーガヤはカラムシ焼き草とは不向きで、小中津川の本名初好さんは「コガヤは無いため、ボーガヤを刈って、しかし硬くて燃えないから茎もと50cmくらいを切って、うら(先端部)のほうを焼き草として使う」と語っています。またいくつか話しを複数の人に聞いてみると「乾燥したボーガヤは火力が強すぎてカラムシの根まで焼いてしまうから、細いコガヤの焼き具合が最初に出た太い芽だけを焼くのに効率的だった」ともいいます。

 カラムシ畑に使う焼き草としての植物はカリヤス(コガヤ)が最適であり、それは均一に焼く、という効能を生む素材である、ということがわかります。

■屋根材としてのススキ類はどのぐらい必要であったのか?『金山史談』に近世江戸時代の奥会津の家普請の記録がありそれを紹介します。

 現在の昭和村に北接する金山町。沼沢集落で、江戸時代に家を建てた記録が残っている。医師を務めた五ノ井家文書を渡邊良三先生が紹介している。

 安政三年(1856)に行われた家作普請の記録を読むと、この家は、新築後の12年目の慶応四年五月には、越後長岡落城で会津に逃れる槙野備前守一行の本陣となっている。またその二ヶ月前(閏四月がある年)、会越国境の六十里峠守備に向かう沼沢出雲隊の本陣にも当てられた家である。現存して家に使われている、という。

 現在、金山町中川のこぶし館北隣にある保存家屋・旧五十島家(現在屋根の修復作業中)と同じような規模(九間に五間)のようで、沼沢集落六十二戸のなかでこの規模の大きな家は名主家と医師の五ノ井家だけである、としている。

 安政二年七月より柱木切りがはじまる。元山は当所(沼沢)の久兵衛、大工は越後国間瀬の栄六棟梁ら越後大工六名。のべ百九人役で柱削りたて、のみ掘り、つく木を出し切る。

 同年九月二十六日(太陽暦では11月6日に該当)、萱刈。20名(集落内の人と思われる、代理として3名参加しており、結い)。2200ほど刈り、23に立てる。うち5はおおなで(大きな雪崩)にあう。

 翌年四月九日より「萱根切り」が二十三日まで。渡邊良三先生は屋根葺き準備と見ている。十七日より二十四日まで、四人屋根葺き。

 この家普請のなかで「甲州芋」というのがあり、これは馬鈴薯(じゃがいも)で、奥会津に導入されたのは天保八年(1837)五月、幕府代官平岡文治郎が赴任してのことである。平岡代官は御蔵入全村(現在の南会津郡・大沼郡等)をまわり、実情を把握したうえで、端境期の食糧として甲州芋の栽培を勧めた。この家普請の時期はそれから二十年になるころで、定着したため芋を賄い(野菜)に使っている。

 馬鈴薯のほか、水田畦(あぜ)への大豆(くろまめ)を植えることも奨励している。文政十三年(1830)十二月十日に天保と改元。この天保元年と三年が不作、四年はさらに凶作、以後九年まで慢性的な凶作が続いた。低温と多雨が原因であった。

 昭和村喰丸に「大嶋氏」の石碑は、このころの凶作の年貢軽減に田島代官所の平岡文治郎の手下・大嶋利三次が果たした役割に感謝し、大嶋が江戸で天保十五年(1844)に亡くなったあとの十三年後、安政三年(1856)に供養のため頌徳碑として建てたものである。

 安政三年(1856)に、喰丸の大嶋氏頌徳碑が建ち、沼沢村の五ノ井家が新築されている。

■『福島県立博物館紀要』第20号(2006)に、鈴木克彦さんが「昭和村松山物語~2005年の聞書から」を報告している。このなかで「くっつげ放(はな)し」(87ページ)、「カッチギ(刈敷)」「カッポシ(刈り干し)」(92ページ)についての記載がある。カッチギについては雑木の枝を切り積み翌年使用する、とある。

(本文は10月2日未明、午前2時よりオンラインで、昨日の出来事から書き始め、更新を重ね、3時58分に跋。未校正のまま公表。一息でメモ無く、頭にある内容のものを書ける分量はこれぐらいの量で、約2時間かかる。4562文字。400字詰め原稿用紙で10枚。通常は100枚書くようにしている。それを削っていく)

 

 

« 2010年10月1日、大芦家開店の日 | トップページ | 最終フェア終了 »

会津学」カテゴリの記事