September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 乾かして保存と、価値転換 | トップページ | 2010年10月6日午前、奥会津:柳津町滝谷川中流域点景 »

2010年10月 7日 (木曜日)

原稿提出

■2010年10月7日(木)

 本日は、晴れの予報。岩下圃場、大田圃場のフラワーネット・支柱の除去とハウス解体を進めます。

 18時頃から会津学研究会の学習会が村内大芦・大芦家で開催されます。19時より富山県生の柏さんのカヤ(ススキ、カリヤス類)の民俗事例(屋根材)の研究報告会を主催します。現在受講申込は8名。あと数名空きがあり当日参加可能です。無料。

■10月6日(水)は、8日(金)販売の分荷指示をして会津若松市内で開催される経営革新セミナーに参加しました。昭和花き研究会の月次監査をお願いしている会計事務所主催です。花職人AizuのO君も参加されていました。

 8日(金)販売のかすみ草は天候安定・晴天で咲き、また水曜休みとしたこともあり、出荷数は400箱となりました。

 朝、ツイッターにかかれた記事の件で、大田市場の仲卸・中央花きの中谷さんに電話して確認したのですが、和歌山産かすみ草の出荷が首都圏市場宛、はじまっています。中央花きの場合、和歌山県田辺市の紀南農協産かすみ草を冬春は扱うため、そことの連携日をどうするか?ということを協議しました。10月22日頃に移行することをとりあえず伝えました。昭和花き研究会としては取引先各社は9月24日に染め色かすみ草等の納品は終了しています。ただ中央花き店頭だけは当地からの最終出荷まで維持するようにしています。また東北の卸(仙花・福島)には11月上旬まで継続出荷をするため、首都圏卸への入荷量を見ながら、出荷先の絞り込み・移行をします。

■雑誌『農耕と園芸』編集部の新出康博さんから、大田花きの宍戸純さんの11月掲載予定書簡・原稿(花時放談)がF(転送)されてきたので、それに目を通して今朝未明から返事を書きました。お花の生産組織の社会変化への対応について10月号から書簡形式でやりとりしています。初稿として1700字分で新出さんにメール添付で返送しました。削って適正文字数で掲載されます。

■奥会津の三島町宮下にある奥会津書房に遠藤由美子編集長を訪ね、雑誌『会津学』6号の様子を聞きました。第3稿(3回目の編集部内校正)で、印刷製本は10月末になる、という見込みでした。11月21日(日)頃の午後、三島町西方の西隆寺にて、顧問の赤坂憲雄さんを招き出版した会津学6号を素材とした講座(ゼミナール)を開催すること等、話し合いました。当初、大芦家でと話をしてきましたが、積雪が予想されること、夜間開催だと参加者が減少する等、課題があるため、西方・西隆寺内、ということにして話を進めてもらうことにしました。奥会津書房の遠藤さんは西隆寺に住んでいます。

■夜、会津若松市内栄町の籠太(かごた)へ。店主鈴木真也さんの実弟が突然死し先週葬儀があり、様子をうかがいに行く。サンマ串を食して帰る。カウンターには関根勤が物まねする大滝秀治に似た風貌、語り口の老男性が「ノドグロの干物」焼きを注文し、アナゴの骨のせんべい、を頼んでいた。私はそれを注視していました。よく酒肴について知識がある方でした。気温15度で、白い木綿の肌着1枚で、というのはたいへんなものです。

20101006dsc03606

20101006dsc03598

20101006dsc03585

20101006dsc03597

20101006dsc03596

« 乾かして保存と、価値転換 | トップページ | 2010年10月6日午前、奥会津:柳津町滝谷川中流域点景 »

かすみ草2010年」カテゴリの記事